undefined急落したビットコインが反発

仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)は、1月22日に一時に29,000ドルまでに下落したが、その後徐々に30,000ドルを超えるまで回復した。現時点、32200ドル付近に推移されている。
undefined金曜日のビットコインの市場は過去2週間の不況を続け、ビットコインの価格が今年1月4日以来初めて29,000ドルを下回った。

暗号資産デリバティブ市場の過熱は、ビットコインの価格が下落した理由の1つとみなされている。暗号資産データ分析プラットフォームLaevitasのデータによると、ビットコインの先物市場には現在31億ドルのオープンポジションがある。また、最近プットオプションも上昇している。

最近の35,000ドルのサポートラインを突破できなかったこともビットコイン投資家の信頼に影響を与えたが、暗号通貨アナリストのスコット・メルカー氏はツイッターで、ビットコインは以前のサポートエリアを下回っているが、強気の構造がそのまま残っている場合、再び35,000ドルに反発する可能性があると述べた。

短期的には、トレーダーは数日間の調整を行ったビットコインの次の動きを確認するため、ビットコインが35,000ドルを超えることができるかどうかに注意を払うだろう。

ブロックチェーン分析会社CryptoQuantのCEOであるKi-YoungJu氏は、22日のビットコインの下落は、機関投資家の需要が弱気となることを示していると考えている。

同氏の根拠は、米最大仮想通貨取引所Coinbaseのビットコインの価格が仮想通貨取引所バイナンスのBTC/USDTペアの価格よりも低いということだ。Ki-YoungJu氏は、Coinbaseが富裕層の個人や機関投資家にとって最初の選択肢であることで、Coinbaseのビットコイン価格が高い場合は、機関投資家の資金が大量に流入していることを示し、逆の場合は、機関投資家の需要が弱まっていることを示している。

同氏は、ビットコインが20,000ドルから40,000ドルに上昇する過程で、Coinbaseのビットコイン価格は常にバイナンスと比較して約50ドルのプレミアムがあるが、現在の状況は逆転したと述べた。

それにもかかわらず、ビットコインの価格はすぐに反発し、30,000ドル以上に回復した。この前、Ki Young Ju氏は、30,000ドルから32,000ドルの間にビットコインを購入する機関投資家が多いため、28,000ドルから30,000ドルの間がビットコインの強力なサポートレベルだと指摘した。 

したがって、これらの買い手が強気相場に遅れをとっていたい場合、ビットコインの価格を$30,000ドルに維持する方法を見つけるだろう。下落しても、少なくとも28,000ドルを下回ることはないと述べた。