undefined

最近、ビットコインの価格は3か月で2倍を急騰している。執筆時点に、ビットコインは36000ドルの付近を推移している。しかし、この上昇傾向に対して、ビットコインはバブルの状態にあるとの懸念も独大手ドイツ銀行Deutsche Bankの調査で明らかにした。

今度の調査によると、回答者が約90%は多くの資産の価格がバブルの状態にあると考えられている。特に、半分の回答者が、バブルの度合いを図る指標において最大の「10」だと答えたという(1〜10の範囲で回答)。

また、多くの回答者が、今後12カ月で仮想通貨とテスラの価値は半減する可能性があると予想していることも分かった。

これに対して、米大手銀Bank of Americaがファンドマネージャーを対象に毎月実施している調査の最新結果も発表した。結果によると、1月は回答者の36%が最も多く取引された金融商品として、ビットコインのロングポジションを回答した。一方、先月回答者が最も多かったIT企業の株のロングだった。

undefinedとはいえ、仮想通貨市場がバブルにあると誰もが確信しているわけではない。先週、暗号資産投資企業Pantera Capitalも歴史的な傾向が維持されれば、ビットコインは2021年8月に 115,212 ドルのピークに達する可能だと予想した。