undefined欧州中央銀行総裁がビットコインを言及

欧州中央銀行のクリスティン・ラガルド総裁は13日にロイターが主催のカンファレンスで、ビットコインは「非常に投機的」であるため、世界的に規制する必要があるという見解を示した。

ラガルド総裁は、ビットコインが「幾つ興味深い事業と幾つ完全に非難されたマネーロンダリング活動」を行うために使用されたと指摘した。

「そのため、世界的な規制が必要であり、それが(世界的に)合意される必要がある。バックがあれば、そのようなバックが悪用されるだろう。したがって、それが原因であるかどうかにもかかわらず、グローバルな協力と多国間行動が絶対に必要があり、G7やG20規模で対応する必要があるだと思う。」

ラガルド総裁はカンファレンスで中央銀行のデジタル通貨にも言及した。欧州中央銀行は昨日デジタルユーロについて一般の人々との協議を終えたばかりであり、「最高レベル」の協議応答を受け取ったと指摘した。

同氏は、「実際、8,000人以上がログインし、そのアンケートでデジタルユーロに関する多くの質問に回答した。それで、我々が次に進んでいる。デジタル通貨は非常に注意が必要な領域ため、セキュリティの必要がある同時に、ヨーロッパ人のニーズを満たすためのシステムだ。」とコメントした。

ラガルド総裁はデジタルユーロをローチンする具体的なスケジュールを明らかにされていないが、「安全なシステムを確保するには多くの時間がかかる必要だ」と述べた。

ラガルド総裁は、「金融技術分野は急速に発展しているため、警戒だけでなく安全第一も必要だ」と語った。また、同氏はデジタル通貨が5年以内にローチンされることを望んでいる。