undefinedドイツ当局がDarkMarketを閉鎖

ドイツ当局は、世界最大のダークウェブマーケットプレイスとされるDarkMarketを閉鎖し、運営者を逮捕したことが明らかにした。

ドイト当局は11日、DarkMarketのサーバーをシャットダウンした。この市場では、2,400を超えるベンダーが麻薬、クレジットカードのデータ、マルウェアを約50万人のユーザーに売り込み、売り上げは32万ドルに達した。

コブレンツにあるドイツの検察庁から13日に発表された声明によると、DarkMarketは少なくとも320,000のトランザクションを処理し、約4,650 BTCと12,800 XMRを入出金した。トランザクションの総額は約1億4000万ユーロ(1億7000万ドル)と推定されている。

DarkMarketは女性が支配的であることに誇りを持っており、女性がドラッグカルテル、パスポート偽造グループ、小規模なクレジットカード詐欺師を助長する能力が高いことを考えていた。

DarkMarketの「AboutPage」を読んで「私たちは女性だけが運営する最初の地元の市場だ!」ダークネットジャーナリストのDark.Failがツイートした。
undefinedDarkMarketは主に麻薬の市場として使用されていたが、偽造金、盗まれたクレジットカード、匿名のSIMカード、マルウェアなどの他の違法な商品がベンダーによって販売されていた。

DarkMarketを経営する容疑者は、ドイツとデンマークの国境近くで逮捕された34歳のオーストラリア市民だ。 ドイツ当局は逮捕時にモルドバとウクライナから20台以上のサーバーを押収し、保存されたデータを使用してDarkMarketの購入者、売り手、モデレーターを調査する予定だ。

今回の調査はドイツのコブレンツ検察庁のサイバー犯罪部門が主導し、ユーロポール、英国の国家犯罪対策庁、DEA、FBI、IRSも調査に関与している。