undefined共同で独自のブロックチェーン基盤を開発

仮想通貨(暗号資産)取引所を運営している株式会社ビットポイントジャパン(BPJ)が日本のブロックチェーン企業Stake Technologiesと共同で独自のブロックチェーン基盤を開発することが明らかにした。

仮想通貨・ブロックチェーン業界ではDeFiやNFTなどのようなブロックチェーン技術を活用した次世代型の金融サービスが続々と開発されてきており、その他の業界でも新型コロナウイルスなどの影響によって様々な業務やデータをデジタル化する動きが加速してきている。

ビットポイントジャパンとStake Technologiesはこのような状況を踏まえた上で、ブロックチェーン技術を有効活用してバーチャルとリアルを繋いでいく体験としてデジタル資産の所有・交換を実現し、今の時代に沿った価値を提供していくために、両社の技術力を組み合わせて独自の新しいブロックチェーンプラットフォームを構築することを決定したと説明した。

具体な取り組みは取引所独自の仮想通貨、NFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)の開発、またP2P電力取引の基盤構築といったBPJの取り組みにおいて、Stake Technologiesが技術的なフォローアップを行う。両社の強みを活かし、BPJのサービス実用化を加速させる狙いだ。

また「新しいプラットフォーム」の構築に際してはステイクテクノロジーズによるアーキテクチャ設計・コードレビューなどの技術的フォローアップを受けながら、ビットポイントジャパンはビジネスモデリング・要件定義・実装などを主体的に進め、両社の強みを活かして実用化に向けて推進していくとされている。

Stake Technologiesは、同社のパブリックチェーン「Plasm Network」の開発、Polkadotのエコシステムへの貢献、イーサリアムを用いたスマートコントラクト実装など、ブロックチェーン開発における知見と経験がある。Stake Technologiesの技術力を借りて新たなプラットフォームを構築するに、取り組みを加速させると考えられる。

BPJは今後の取り組みにおいて、Stake Technologiesの知見と経験を活かすために密に連携し、アーキテクチャ設計支援、コードのレビュー、基盤の検討・実装などのフォローアップを受ける。

今回の共同で独自のブロックチェーン基盤を開発することによると、ビットポイントジャパンのサービス全体で継続的に機能が大幅な改善が進められていくと期待されている。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに