カナダの飲食チェーンの施策

カナダで地中海レストランを展開するTahinis社が、貯蓄していた手元資金のすべてを法定通貨から仮想通貨ビットコインに替えたことを発表した。具体的な金額は明かしていない。

As a small company that started in London Ontario Canada we operate 4 corporate locations and 3 Franshise locations about to open up in Ontario. We just converted our entire cash reserves that were originally used as savings into #Bitcoin Time for thread 👇🏽👇🏽👇🏽

— Tahinis Restaurants (@TheRealTahinis) August 18, 2020

「最高峰の地中海レストラン」を掲げるTahinisが手元現金(cash reserves)をビットコインに変換した背景は、新型コロナウイルスの感染拡大により、政府が企業支援を行なっていたことがある。

Tahinisの社長Omar Hamamは、カナダや米政府が経済救済のため大量の現金増刷を行い、景気を下支えする現状はいつか限界を迎える」と指摘。法定通貨のインフレ局面を警戒した。

現金の価値や魅力は次第に薄れているのが現状だ。世の中に現金が溢れれば、最終的に価値を失っていくことになる。

新型コロナによる経済打撃を受けたことで私自身も金融・経済について学び始めた。ビットコインコミュニティでは、「仮想通貨を7回以上勉強しないと手を出すのは賢明ではない」という格言があるが、ごもっともだ。

ーOmar Hamam

S2Fの経済モデルやPompのポッドキャストなどの理論を勉強してきたというHamam社長は、「ビットコインは、時空を超える富の保存技術だ」と感銘を受け、法定通貨の代替手段として利用することを決心したという。

Hamam社長は、米ナスダック上場企業MicroStrategyが先日、資本配分方針の一環として2万BTCを購入したことにも言及し、その大胆さと判断力を評価した。「S&P500の企業が動くのを待つ必要はない、MicroStrategyはすでに率先して市場に参加した。今、Tahinisもその陣営に加わったわけだ」、とコメントした。