undefined

米国通貨監査局の局長であるBrian Brooks氏は、10月20日のワシントンフィンテックウィークで、ブロックチェーン技術の運用が伝統的な銀行業務に大きな影響を与えると述べた。

Brooks氏はこの前、大手暗号通貨取引所であるCoinbaseの最高法務責任者を務めた経験がある。彼は将来の銀行がブロックチェーンと直接につながれ、ブロックチェーンを一種の支払いネットワークとして見なされ、銀行がその上の一つのノードになると指摘した。

また、彼は効率を改善したり、預金やローンなどのサービスを提供したりするために、銀行はそのような集中的な制度がもはや必要ないから、通貨管理者としての銀行の伝統的な役割もなくなる可能性があると指摘した。

しかし、これは銀行が存在する必要がないことを意味するものではなく、銀行規制委員会によると、信託サービス、コンサルティング、物的資産の保管は依然として銀行の主な事業であると彼は語った。

現段階で、アメリカでは約4000万から5000万人が暗号資産を所有している。とはいえ、より多くの人は、暗号通貨はほかの金融資産と比べ、資本市場の中に占める割合が小さすぎると思われる。しかし、 国の銀行システムにとって、金融資産の価値を保つ上でより大きな役割を果たしたいならば、できる限り暗号資産も含み、国民が保有する全ての金融資産を確認しなければならない。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com