undefined最近、カナダの中央銀行は公式サイトで、金融テクノロジーとデジタル通貨に深い知識を持つエコノミストを募集しているを発表した。今度は中央銀行デジタル通貨が発行に向けた一つのステップだと考えられる。

発表によると、今度の募集要項にはビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨にいることが求関する深い知識と、クレジットカードに関するネットワークやビジネスに通じているもの、POS技術に関して熟知してめられているという。

実は、カナダ中央銀行のティモシー・レーン副総裁は中央銀行決済会議の中で、世界中の中央銀行に独自のデジタル通貨発行が必要との認識を明らかにしており、新型コロナウイルスのパンデミックの中で、経済政策のソリューションとして重要性を強調した。

一方、CBDCについては各国も調査研究が本格化している。日本側では10月9日には中央銀行デジタル通貨に関する取り組み方針を公表した。

今度の応募は2020年10月25日まで受け付けている。応募が順調すれば、カナダのCBDCはさらに発展しているのも期待している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com