undefinedイーサリアム(ETH)は7月末から上昇チャートを形成、本日8月10日までに二度の反落を起こしてはいるものの、しっかりと下値を切り上げる展開を続けています。しかし上値更新の勢いも弱まりつつあるイーサリアム(ETH)は今後どのような値動きを見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。


イーサリアム(ETH)は下値を切り上げる展開!今後更なる上昇への期待は?

undefined(TraidingViewのETH/BTC 4時間足チャート)

ETH/BTCの4時間足チャートを分析していきます。7月末より上昇チャートを形成したイーサリアム(ETH)は、7月27日、8月2日と二度に渡って強い反落を起こしました。

しかし反落は直近安値を下回ることなく、すぐに反発、本日8月10日までに下値を切り上げる展開を続けています。短期的な上昇トレンドに沿った形で上昇を続けるイーサリアム(ETH)ですが、8月8日以降の反発では上値が限定的となり、上昇への勢いが弱まっている状況です。

更に同時にイーサリアム(ETH)は上昇チャートの上値圏でhead and shoulderを形作ることになり、今後反落への警戒が必要な相場とも言えます。

対円(JPY)のイーサリアム(ETH)相場

undefined(TraidingViewのETH/JPY 4時間足チャート)

ETH/JPYの4時間足チャートを分析していきます。対法定通貨チャートでのイーサリアム(ETH)は、本日8月10日までにレンジ相場へ移行しています。8月2日以降横ばいの値動きへ切り替わったイーサリアム(ETH)。

レンジ相場の下値は一目均衡表雲で支えられる形ともなっており、下値は比較的固い状況となっているようです。今後ももうしばらくテクニカル指標が下値を支える要因となる中、再び上値を更新できるのか注目しましょう。

今後のイーサリアム(ETH)価格チャートで予想される動き

現在下値を切り上げながら値動きのベクトルを上方へ傾けているイーサリアム(ETH)ではありますが、上値は重い展開となっています。そんな中、まずは7月30日以降からの上昇トレンドラインを下回ってしまわないか注目しましょう。

7月末からの上昇トレンドラインは同時に上昇チャート上値圏のhead and shoulderネックラインとも一致するため、トレンドラインブレイクはそのまま長期的にも下降チャートシグナルとなってしまう場合があります。

しかし上昇トレンドラインに沿って下値を切り上げる展開となる場合は、引き続きイーサリアム(ETH)は短期的にも強気相場目線ということになります。

イーサリアム(ETH)の今後注目すべき価格

イーサリアム(ETH)チャートで今後注目したい価格帯として、上昇トレンドラインが推移する0.0322BTC台近辺のブレイクには特に注意するようにしましょう。