2020年9月23日に、暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)は、同社が提供しているピアツーピア(P2P)の暗号資産取引所サービスBinance P2」がWEB経由の広告投稿をサポートしたことを発表しました。これにより「Binance P2P」の利用者は無料で広告を作成して投稿し、様々な暗号資産を好きな価格と決済手段で他のユーザーと売買することができるようになりました。

Binance P2P「WEB経由の広告投稿」が可能に

BINANCE(バイナンス)は2020年9月23日に、同社が提供しているピアツーピア(P2P)の暗号資産取引所サービス「Binance P2P」がWEB経由の広告投稿をサポートしたことを発表しました。

「Binance P2P」はBINANCEの利用者同士が自分の好きな暗号資産を好きな価格・決済手段で直接取引することができるサービスであり、記事執筆時点では40種類以上の法定通貨と100種類以上の決済手段をサポートしています。

「WEB経由の広告投稿」がサポートされたことによって、Binance P2Pの利用者は以下6種類の暗号資産で自分の好きな価格・支払い方法で広告を投稿し、他のユーザーと暗号資産を取引することができるようになりました。なお、広告を投稿・取得するための料金は請求されないと説明されています。・ビットコイン(Bitcoin/BTC)・イーサリアム (Ethereum/ETH)・イオス(Eos/EOS)・テザー(Tether/USDT)・バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)・バイナンスUSD(BinanceUSD/BUSD)