undefined最近、米国、欧州連合、英国、日本、スイス、カナダ、スウェーデン7つの中央銀行はデジタル通貨(CBDC)について詳細に議論する文書を共同で作成した。

声明文によれば、CBDCを公に利用可能なものとして中央銀行の公共政策目標達成に役立たせるため、必要な基本原則を特定していることが明らかにした。

一方、このレポートは、CBDC発行の動機、政策への影響、その機能や設計について概説した。

今度、CBDCが合意された特徴として、まずはコンバーチブルで、アクセスしやすく、低コストである。また、基盤となるシステムは24時間年中無休、相互運用可能、プライバシーを守る安全なものだ。さらに、CBDCを運用するシステムには民間部門が関与し、イノベーションと競争をもたらし、その採用をサポートする必要がある。

しかし、現在はいずれの国もまだCBDCの発行を決定しているわけではない。そのような資産を作り出す確定した計画を具体的に述べている内容は、報告書に含まれていない。一方、発行される国の利用者や決済システムなどの事情を考慮しなければならないとしている。CBDCを用いた政策や、その銀行システムへの影響を管理するための決定は、その国や地域によって異なると考える。

CBDCは20年に注目を集めた話題であり、多くの国がこの資産タイプに関心を示している。

中国も自国のCBDCであるデジタル人民元の計画を推進して、デジタル資産の試験の真っ最中であり、これまでに約1億6200万米ドル相当のデジタル人民元の取引を完了しているという。前回、日本銀行も一般利用型の中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての取り組み方針を公表した。

今度はCBDCのもたらすトレードオフやリスク、国際決済に使用する際の課題についても理解を深めている。今後、CBDCについて各国の中央銀行や国際決済銀行が今後も積極的に協力して作業を継続するのも期待している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com