undefined逮捕されたイーサリアム研究者が無実を主張

以前、イーサリアム研究者のヴァージル・グリフィスの弁護士は、仮想通貨・ブロックチェーンの知識について北朝鮮に教えたことで、米国の制裁に違反したとして逮捕された。22日に、同氏は米国政府の起訴内容を棄却するための動議を提出した。

グリフィス氏は、2019年11月28日に北朝鮮で開催された仮想通貨の関連会議「平壌ブロックチェーン仮想通貨会議」で、「経済的制裁を回避するために、仮想通貨とブロックチェーン技術の使い方及び技術的なアドバイスを提案した」としてFBIなどが逮捕した。

その後、1月9日には経済制裁発動やテロリストの資金調達阻止に広く使われている法律である「国際緊急経済権限法(IEEPA)」違反で起訴された。

今度、同氏が提出した動議では、グリフィス氏に対する米国政府の起訴には、「申し立ての内容に関する事実を特定していない」または「実際の事実に関する申し立てを含んでいない」と主張している。

22日に棄却する要求する申立では、演説は制裁に違反していないと主張した。グリフィス氏は、「公開情報に基づく一般的なスピーチだった」と述べた。

グリフィス氏は「講義料を支払わず、コンサルティング契約も結んでいないため、執行命令で禁止されている「サービス」を北朝鮮に提供せず、米政府の禁止事項には当たらないと語った。

ただし、北朝鮮という敏感な地域でこのようなスピーチを行ったため、同のように判決がどのよに下すか業界でも注目を集めているだろう。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに