「ユーザーの利益」を最優先に検討中

仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年3月18日に、ネム(NEM/XEM)の新ブロックチェーン「シンボル(Symbol/XYM)」への対応について『お客様の利益を最優先に考えた対応方針を検討している』と発表しました。

Coincheck(コインチェック)が取り扱っている仮想通貨ネム(NEM/XEM)は、2020年第2四半期(4〜6月)に新たなブロックチェーンである「シンボル(Symbol/XYM)」への移行を予定しています。

コインチェックはSymbolへの対応について『お客様の利益を最優先に考えた対応方針を検討している』と述べており、対応方針に関する詳細が決定したら改めて報告すると説明しています。

シンボル(Symbol/XYM)への対応については、日本国内でXEMを取り扱っている「Coincheck・GMOコイン・Zaif」の全3社が『対応を検討している』と発表しています。

次世代NEMとして注目されている"Symbol"は2022年に中東カタールで開催される「FIFAワールドカップ」のホテル建設プロジェクトで活用される予定であることも明らかにされているため、今後の発表には大きな注目が集まっています。