undefined27日にデラウェア州に提出された書類によると、世界最大の仮想通貨資産運用会社であるグレイスケールが、分散型金融銘柄の投資信託を提供する予定だという。

具体的に、AAVE、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)といったDeFi銘柄とカルダノ(ADA)や匿名通貨のモネロ(XMR)、EOSも計画されているという。

また、今回の報道を受け、該当銘柄は一時急騰した。例えば、ATOMが1.50ドルから9ドルまでと6倍に跳ね上がって、時価総額で25位となっている。DOTは2020年8月のローンチから、記事執筆時点までで537%上昇した。特に、AAVEは2020年の第4四半期に483%の成長を記録し、時価総額で15位まで上昇した。

グレースケールは現在、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラ(XLM)、ジーキャッシュ(ZEC)、ZEN(Horizen)の投資信託を提供している。合計運用資産の規模は2.6兆円に及ぶ。先週に、LINKやXTZを含む6銘柄を提供する発表した。より多くのアルトコインに関する投資信託を計画しているようだ。

undefinedしかし、今回の計画のように上記6銘柄の組成を進めているものの、将来的に必ずしも販売につながるとは限らないようだ。グレイスケールのマイケル・ソネンシェインCEOは「申請したからといって、プロダクトを市場に投入するとは限らない」とのコメントした。

今回のグレイスケールが申請したDeFiトークンは、過去1年間で急速に成長している銘柄だ。今後、グレイスケールの参入につれて、これらのDeFi銘柄が一歩に成長していると予想する。