undefined本日、One River Asset Managementの最高経営責任者であるEric Peters氏はブルームバーグで、コロナウイルス大流行する世界の推進力として、ビットコインなど仮想通貨が過小評価されているとの見方を挙げた。

undefined「デジタル資産は、他の価値がある資産に比べて、劇的に過小評価されている。コロナウイルス大流行する背景で、過小評価されている資産それが私たちにとって魅力する。」 

また、Peters氏はマクロ投資家として、まずは技術指標ではなく、マクロ指標に注目している。「これらに見れば、仮想通貨も私を絶えず驚かせている」と説明した。

「私は、このテクノロジープラットフォーム上に構築される第2層アプリケーションに見れば、それらは非常に有望だ。とはいえ、明日は今日よりも良くなると意味する。投資するとき、それは非常に重要だと考えてください」とPeters氏を言い付けた。 

一方、データによると、One Riverは1月初旬に、非公開の金額で暗号資産を投資したことも明らかにした。これは歴史上最大のデジタル資産取引の1つであった可能だろう。

さらに、Peters氏はこれらの暗号資産を長期にわたって保有するると指摘した。

「技術の進歩と通貨の切り下げと一致している。どちらも仮想通貨加速させているようようだ。当然、これがどこにつながるのか、その価格はどのように変化するかは私たち全体の想像力によって決定される。」