undefined今週、仮想通貨とブロックチェーン業界でビットコインは35,000ドルまで下落したが、企業側の信頼が残っていることが注目されており、1月18から1月23日にかけてブロックチェーン・仮想通貨に関する注目ニュースをまとめて掲載している。

1月18日
ー暗号資産関連企業CEO:大手投資家がビットコインのみに関心がある

ある暗号資産関連企業のCEOは、暗号化技術の上昇傾向が本格化しているが、市場に注目する最大な投資家はビットコインのみに関心しているという見解を示した。
詳細はこちらへhttps://jp.icointime.com/post/045818624253.html

ービットコインは3万ドルを割った!アルトコイン市場はビットコインよりもパフォーマンスが優れている

今週、ビットコインは弱気傾向が強くなり、21日朝に35000ドル台を推移していたが、その後下落が止まらず、ついに3万ドルを割った。これに対して、アルトコイン市場はビットコインのパフォーマンスを上回っていることがLongHashのデータで明らかにした。

1月19日
ーバイデン米次期大統領、CFTCの元会長Gensler氏をSEC新長官に正式指名

バイデン米次期大統領が18日、米商品先物取引委員会(CFTC)のGary Gensler元会長をSEC新長官のポジションに正式に指名されたことが分かった。

ー2021年は暗号資産の鍵!注目すべき6視点とは?グレイスケール社の新CEOより

20日に、仮想通貨ファイナンス・カンファレンスの基調講演で、グレイスケール社の新CEOであるMichael Sonnenshein氏は、2021年が暗号資産投資にとって重要な年であるとの見方を示した。特に、2021年に仮想通貨投資家が注目すべき6つのポイントを指摘した。

1月20日
ー規制環境が好転する!リップル社の訴訟問題はどう変える

最近、リップル社の訴訟問題にめぐって、規制環境が変えるか注目を集めている。19日に、リップルの幹部たちはバイデン政権へのコメントをまとめて、仮想通貨業界で規制と執行に新たな焦点をもたらす可能性が高いと予測している。

ー次期米財務長官イエレン氏、暗号資産が不法利用に懸念

次期米財務長官のJanet Yellen氏が、19日に開催された上院公聴会で、暗号資産にマネーロンダリングやテロリストの利用する懸念を表明した。

1月21日
ービットコインは37,500ドルまで跳ね返り、その背景と原因とは?

19日に、ビットコインは力強い跳ね返りを見せ、36,000ドルの安値から37,000ドルを超えた。しかし、ビットコインは37,450ドルの高値を達した後、36500ドルの付近を推移している。

ー暗号資産XRPの時価総額ランキングがさらなる下落=アナリストの予測

米証券取引委員会SECが米リップル社を訴訟したことを受け、かつて時価総額が3位にランクインされた暗号通貨XRPは、昨年末に急落しており、今年は時価総額が5位までに下落した。有名な暗号資産アナリストであるMichaëlvandePoppe氏は、XRPの時価総額ランキングがさらに低下する可能性があると予測している。

1月22日
ービットコインは35,000ドルまで下落したが、企業側の信頼が残っている

ウィンクルボス兄弟が経営する暗号資産(仮想通貨)企業Geminiは、暗号資産への関心が高まっているため、新規株式公開(IPO)を検討していることが分かった。

ー米次期財務長官、政府は仮想通貨が金融システムの効率を高める可能性を考慮するべき

米次期財務長官のJanet Yellen氏が先日の上院公聴会に向けて送付した「証言文書」が公開した。その中で、暗号通貨とデジタル資産は「金融システムの効率を改善する」可能性があるという前向きな見解も示している。

1月23日
ー1,000万ドル!MicroStrategy社はビットコインを追加購入表明

SECが披露された文書によると、米ナスダックの上場企業MicroStrategy社は再び1,000万ドルのビットコインを購入したことを分かった。22日に、ビットコインは一時28000ドルに下落しており、執筆時点に、33500ドル付近を推移している。

ー米資産管理企業VanEck、デジタル資産関連上場投資信託ETFをSECに提出へ

米資産管理企業VanEckがデジタル資産関連の上場投資信託(ETF)の立ち上げるように証券取引委員会(SEC)に申請を提出したことが分かった。