undefined最近、海外メディアによると、メキシコ中央銀行(当地はベキシコとして知られている)は、海外での出来事の影響を受け、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するように駆り立てられる可能性があるという。

シティグループの子会社であるシティバナメックスのシニアエコノミストであるSergio Kurczyn氏は「海外のデジタル通貨の発行により過度に重要視されている。特に、このようなデジタル通貨が特に取引しやすいことが判明されば、ベキシコは不利な局面に入るために、発行へ取り込んでいる可能性がある。」と主張した。

また、同氏はメキシコのCBDC発行の問題についても報告書を作成した。この報告に見えれば、メキシコは中長期で展開している可能性が高いことも明らかにした。

一方、FacebookのLibraプロジェクト(現在のDiem)をはじめて、このテクノロジーが成熟開始することを意味するも指摘された。確かに、ステーコインが開発成功するとともに、より多くの世界の中央銀行に駆り立てると予想できる。

そして、CBDCの進展中で、他の国の経験から学ぶことができることが重要だと考えられるものの、遅延によってのリスクも注意喚起された。