undefinedイオス(EOS)を開発した企業ブロックワンのCEOのSalah Zalatimo(サラ・ザラティモ)氏がツイッターで分散型のソーシャルメディアプラットフォームイオスVoice(ボイス)は2020年7月4日にリリースされることが分かった。

Voice(ボイス)はイオス(EOS)を開発した企業ブロックワンが2019年6月に発表されており、EOSブロックチェーンを基盤としたソーシャルメディアだ。VoiceのCEOであるSalah Zalatimo(サラ・ザラティモ)氏のツイッターに投稿した内容によると、Voiceはリリースされた後、登録しているユーザーはコンテンツを公開したり、オンラインでエンゲージメントを表示したりできるようになるとされている。

また、公式サイトに将来的にはEOSのパブリックブロックチェーンを活用することを計画していると掲載してるが、このプラットフォームは現在イオスと別の専用ブロックチェーンを用いて構築されていると説明された。

Salah Zalatimo氏は「我々は今秋の大きな発表に向けて準備を進めてきた。しかしもう待つことはできない。ビッグテックから社会を取り戻す必要がある」と、新しいソーシャルメディアに期待を示した。

2020年2月からベータテストを開始してるが、米国の一部ユーザーのみが利用できる。Voiceは以前から公式サイトで登録受付を行なっており、公開の以降もユーザーが友人を招待できるようになる8月15日まではリクエストに応じて登録を受け付けるとのことだ。

Voiceはプラットフォーム参加者がサービスを利用することによってVoiceトークンを獲得することができる。現在、ボイストークンは取引所には上場してなく、金銭的な価値はない。ただし、以前の発表では「取得したトークンは、自分のコンテンツや注釈の露出などを増やすために使用することができる。」と説明された。