ポピュラーな仮想通貨ウォレットおよびデータプロバイダーであるBlockchain.comは17日、最新の資金調達ラウンドを終了し、1億2000万ドルを確保したと発表した。

この資金は、Blockchain.comにおいて機関投資家市場向けビジネスを強化するために使用される。同社は最近その機能を拡張させ、機関投資家向けに調整された仮想通貨の保管や取引桎梏、およびレンディングサービスの提供を開始している。

Blockchain.comにとって、仮想通貨ウォレットは引き続きコア製品だが、機関投資家向けビジネスは「指数関数的に成長」しており、同社のビジネスコストをカバーするのに十分なほど、重要なものになっている。

Blockchain.comのピーター・スミスCEOによれば、伝統的な金融ファンドからの投資は、仮想通貨への認識が変化していることを示している。「クリプトのようなパラダイムシフトは、まるで一夜にして起こったように世界では感じられている。しかし仮想通貨のテクノロジーとイノベーションを構築するために日々働いている私たちにとって、これは長い間待ち望んでいたものだ」と、スミス氏はツイッターに書いている。

Crunchbaseのデータによると、Blockchain.comは過去の資金調達ラウンドで計7000万ドルの資金を集めている。今回の1億2000万ドルという数字は、過去の調達額から大幅に増加していることがわかるだろう。