undefinedイーサリアム2.0のステイキング対応へ

仮想通貨イーサリアム2.0 のフェーズ0が日本時間1日21時に正式にローチンされた。この時点でに大手仮想通貨(暗号資産)取引所BinanceとCoinbaseは、イーサリアム2.0(ETH2.0)のステイキング対応計画を発表した。

発表によると、Binanceのステーキング参加者は、サービスを利用し預けたETHを1:1で代替トークン「BETH」にトークン化し、BETHを付与される。ステーキング報酬も「BETH」として毎日ユーザーに分配する。「BETH」はイーサリアム2.0のフェーズ1が発動してからETHに還元することができる。ステーキングの年利は、5%〜20%になるという。
undefinedまた、将来、BETHを取引所内で取引することができる可能性があるという。ビーコンチェーンによるステーキング報酬は、フェーズ2まで約2年間出金できないため、取引所内でステーキングの報酬を流通させる施策となる。

Coinbaseは、ステーキングと取引を通じてイーサリアム2.0をサポートしていく意向を示している。CoinbaseアカウントからETHをイーサリアム2.0ステーキングに参加して報酬を得ることができるようになる。ステークされたイーサリアム2.0トークンはビーコンチェーンにロックされるが、Coinbaseの取引所内で、イーサリアム2.0をETHや他の暗号資産への交換も可能になる。
undefined今度発表されたイーサリアム2.0のステイキング対応計画によると、Coinbaseは2021年初頭に、Binanceは12月2日からステーキングを開始する。この二つ大手仮想通貨取引所がイーサリアム2.0のステイキングをサポートすると、他の暗号資産取引所や主要なウォレットも同様にイーサリアム2.0のステイキングをサポートすることが見込んでいる。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに