暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

CoinBest(コインベスト)とは

CoinBest-Logo

CoinBest(コインベスト)とは、2017年8月に設立された東京都中央区日本橋に本社を構える企業「CoinBest株式会社」が運営している日本の暗号資産取引所(関東財務局長 第00023号)です。2020年9月23日に日本で暗号資産交換業者のライセンスを取得した同社は、2020年12月24日に暗号資産現物取引サービスの提供を開始しました。

販売所・取引所方式で暗号資産現物取引サービスを提供しているコインベストは、仮想通貨業界で最も代表的な暗号資産である「ビットコイン」と「イーサリアム」を取り扱っており、取引手数料・入金手数料・口座開設費用・口座維持費用などを無料で提供しています。

コインベストは取り扱っている暗号資産の数やサービスの種類は少ないものの、「取引手数料・入金手数料が無料」という点が魅力的な取引所となっています。

取り扱う仮想通貨

CoinBest(コインベスト)が取り扱っている暗号資産は、2020年12月時点で以下の2銘柄となっています。
・ビットコイン(Bitcoin/BTC)
・イーサリアム(Ethereum/ETH)

サービスの種類・概要

暗号資産現物取引(販売所)

CoinBest販売所サービスの取引画面(画像:CoinBest)CoinBest販売所サービスの取引画面(画像:CoinBest)

暗号資産現物取引(販売所)サービスは、コインベストを取引相手として暗号資産と日本円を売買することができるサービスです。コインベストの販売所サービスは"取引手数料無料"となっており、記事執筆時点では以下2つの取引ペアが提供されています。
・BTC/JPY
・ETH/JPY

販売所サービスは取引画面もシンプルでわかりすいデザインとなっているため、初心者を含めた多くの人が気軽に利用できるサービスとなっています。

暗号資産現物取引(取引所)

暗号資産現物取引(取引所)サービスは、ユーザー同士で暗号資産を売買することができるサービスです。このサービスは2020年12月時点で"準備中"となっており、サービス開始時期については『準備が整い次第改めてお知らせする』と説明されています。

各種手数料

取引手数料

販売所無料
取引所無料

入金手数料

通貨種類入金手数料
日本円無料(*1)
BTC無料
ETH無料

(*1)振込手数料はユーザー負担となります。

出金手数料

通貨種類出金手数料(*2)
日本円440円
BTC0.0004 BTC
ETH0.01 ETH

(*2)暗号資産の出金手数料は取引の承認を行うマイナーに支払う報酬となります。また、手数料は変更になることがあります。

その他の手数料

口座開設費用無料
口座維持費用無料

CoinBest(コインベスト)のメリット

merit

各種手数料が無料

CoinBest(コインベスト)のメリットとしては「各種手数料が無料である」ということが挙げられます。一般的な暗号資産取引所では暗号資産を取引するたびに取引手数料がかかるため、頻繁にトレードする場合には取引手数料だけでも大きな金額になる場合がありますが、コインベストは販売所・取引所の両方で取引手数料が"無料"となっているため、手数料を気にすることなく気軽に取引を行うことができます。

CoinBest(コインベスト)のデメリット

Demerit

取り扱う暗号資産の種類が少ない

CoinBest(コインベスト)は取り扱う暗号資産の種類が非常に限定されているため、『色々な暗号資産を取引したい』と考えている方にはやや不向きな取引所となっています。コインベストは2020年12月に暗号資産取引サービスを開始した比較的新しい暗号資産取引所であるため、今後は新たな暗号資産が上場する可能性もありますが、暗号資産の種類が多い取引所を利用したい場合には、他の暗号資産取引所を利用した方が良いと考えられます。

提供されているサービスの種類が少ない

CoinBest(コインベスト)が提供しているサービスは「暗号資産現物取引(販売所)」と「暗号資産現物取引(取引所)」の2種類となっているため、「レバレッジ取引・仮想通貨決済・暗号資産積立」などといったその他のサービスを利用したい場合には、他の暗号資産取引所を利用する必要があります。