undefinedビットコインが急回復

仮想通貨(暗号資産)ビットコインが11日に約20%した以降、回復し始めていた。1月14日にビットコインが35000ドルのレジスタンスを突破し、40000ドル回復に向けて急騰している。

今日の動きはこの前形成されていた弱気の三尊パターンを無効にしたようだ。サポートとして36000ドルを取り戻すことができれば、今週の暴落した影響が取り戻すことができる可能性がある。
undefined最近、米通貨監督庁は法銀行に対し、ステーブルコインの取引とカストディを許可することが業界にとって好ましい動きだろう。14日、米大手仮想通貨カストディ企業Anchorageが、通貨監督庁(OCC)から国法銀行設立として条件付き承認を受け、米国で最初の国法銀行になった。

ビットコインの反発は規制当局の動きを追い風が吹いていると考えられる。このような好ましい情報のほか、DeFi(分散型金融)とアルトコイン市場も強気を示していることで、ビットコインに一定な影響を与えるだろう。ビットコインが調整中の間に、ポルカドット(DOT)は36.89%上昇したことで、暗号資産市場を上昇する傾向をリードしているようだ。

一方、大手大手投資銀行ゴールドマンサックスのアナリストのJeff Currie氏は10年以上にわたる極端な価格変動した後、ビットコインは資産クラスとして成熟し始めるという見解を示した。

ビットコイン市場の成長や、更に多くの機構投資家がビットコイン市場への参入するにつれて、この前ビットコインに対して反対な意見を持っていたゴールドマンサックスは、ビットコインと暗号資産の認識を既に変えた。同社は、デジタル通貨の専門家を含む人材を強化するだけでなく、マクロヘッジとしてのビットコインと金の平和的共存に関するガイドラインも発行した。

また、世界最大手ヘッジファンド「Man Group」の研究チームに所属するアナリストHenry Neville氏が、ビットコインの価格高騰は、一過性になる他の金融資産のバブルとは異なるとの見解を示した。

価格発見とは、新しい資産の価格が最終的に安定するまでに至るプロセスのことで、本質的な価値の議論も含め、ビットコイン本来の価値を市場が見定めている中での価格変動である可能性を指摘している。