undefined

2020年が終わった以来、暗号資産市場で強気傾向が続けているようだ、しかし、今週、再び市場の変動を目撃した。ビットコイン価格は数日前の過去最高から約20%下落し、多くのアルトコインがそれに続き、下方修正された。

そして、今年のアルトコインはどのように進んでいるか注目されている。

現在、業界である人は多くのアルトコインが死ぬ可能だと考えているが、今年のアルトコインにとって良い兆候を覚えているとの人も存在している。

IBMR.ioのマネージングディレクターであるSinjin David Jung氏は投機的な投資を除いて、ユースケースのないアルトコインの未来は暗いと警告した。

これに対して、BlockdaemonのCEO兼創設者であるKonstantin Richter氏は「最大の暗号資産ビットコインが引き続き小売および機関採用の主な推進力である一方で、大規模な機関企業の参入するとともに、アルトコインを機会を与える可能だ。 」と指摘した。

一方、同氏はPayPalの戦略を例として、ビットコインを採用するだけでなく、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、LTCを顧客に提供することを説明した。

とはいえ、新しい一年で、何か発生する可能だが、多くの成熟したアルトコインが残っていると予想する。