undefined分散型金融のTVLが180億ドルを突破

DeFi Pulseのデータによると、分散型金融(DeFi)エコシステムにロックされた資産の総額(Total Value Locked、TVL)は、過去最高の180億ドルを突破し、2021年の最初の数日間だけで23%増加した。
undefinedTVLは、DeFiプロジェクトと分散型ファイナンス全体の相対的な人気を測定するために業界全体で広く使用されている指標と見なされている。

しかし、この指標は米ドル建てであり、過去数日間に見かけた成長は、12月の初めから超65%上昇したイーサリアム(ETH)の価格の爆発的な上昇に依存している。実際、暗号資産ユーザーは資産と利益を売却することを検討しているため、価格が上昇したとともに、DeFiプロトコルのETHとBTCも流出している。

また、DeFiプロジェクトにロックされた仮想通貨の資産額が増加していることは、DeFiの盛り上がりが継続していることを示している。プロジェクトごとにTVLの計算方法が違いによって、恣意的に数値を上げているプロジェクト、或いは該当のDeFiトークン価格だけが上昇しており、プロジェクトが成長していない状況もある。

ダップレーダーによって計算された調整済みTVLは、ターゲット期間の開始時の資産価格を固定することで、TVLを計算するものだ。これは、実際の入金額を正確に測定するのに役立つ。

調整済みTVLから見ると、1月4日から5日の間に高騰していた。これは主に分散型取引所(DEX)スシスワップによるものだ。スシスワップは主に小規模トークンを含む流動性プールにインセンティブを提供することを目的として、最近は「オンセン」を開始した。この活動によって、スシスワップには1日で約2000BTCと4000万Dai、60000ETHが集まった。
undefined実際は、2020年10月以降にDeFiが成長していないことが分かる。11月からビットコインとイーサリアムの価格が上昇したことで、DeFiのTVLも上昇している。今後はDeFiの成長を評価することについては、TVL以外の物も入れるほうが最善だと考えられる。