undefinedビットコインが急上昇したため、ショートスクイーズを引き起こし、2020年の新たなピークをつけた。23日にビットコインは既に13,000ドルを超えて取引されている。CryptoQuantのデータによると、この上昇にOTC市場での大規模な買いが機能している可能性がある。

OTC市場でビットコインが買われている可能性

We predicted Microstrategy's OTC deals with this indicator. Massive OTC deals are still on

-going.https://t.co/1TcC7BeEG3 https://t.co/Tftq76amYs

— Ki Young Ju 주기영 (@ki_young_ju) October 22, 2020

「Bitcoin Exchange Fund Flow Ratio 30-day moving average(ビットコインの送金総数のうち取引所が占める割合の30日平均」は過去2年間で最低となっている。CryptoQuantは、OTC(相対取引)市場で、ビットコインの取引が活発化している可能性があると指摘した。OTCが半減期により供給量が不足しているビットコインを取引所から吸い上げている可能性がある。

Bitcoin Treasuriesによると、グレイスケールやマイクロストラテジーを含む、公開企業の投資量は90億ドル近くに上っている。一方、Glassnodeによると仮想通貨取引所のビットコイン保有量は低下し続けている。

The $BTC balance on exchanges has dropped significantly after holding at $11.2k support and moving towards ~$11.9k resistance.This #bullish tendency could see us breaking resistance soon.Can #Bitcoin keep this momentum with the elections coming up?Source: @glassnode pic.twitter.com/dNj1QJLsHu

— Double-U (@DoubleU_theory) October 20, 2020

投資家がBTCをコールドストレージに保管しているため、半減期により供給量が不足しているビットコインはさらに減少し、取引所ユーザーが一度買いに回るとビットコインの価格が上昇しやすくなっているようだ。PayPalのニュースは、まさにこれを引き起こした。OTC市場を利用することで、大規模なバイヤーは足元価格に影響を及ぼすことなく、大量のビットコインを取得できる。

しかし、OTCプロバイダーは大量のBTCを市場から調達するため、最終的には需要と供給のバランスに影響を与えることになる。この循環が続くならば、ビットコインの価格は現在の水準から下がらないかもしれない。