undefined最近、フェイスブックが主導するデジタル通貨リブラは規制当局や中央銀行の目を覚まさせるようだ。国際決済銀行の最新論文で、ステーブルコインに関する監視機能を自動的に規制当局へデータを提供する枠組みを提案した。

今度に提案は3人のアナリストによって提案されていて、アナリストたちは、リブラが複数の地域で急速に採用される可能性があるため、当局は監督と執行のために動的で適応性のあるツールを開発する必要があると述べている。

「ステーブルコインの提案は、組み込み型の監督が実際に機能する可能性のある分野の1つだ。情報は、市場の機能と効率を高めるという観点からも、市場の完全性、顧客と投資家の保護、また慎重な監督の目的であってお、規制の中心的な機能だ」

また、理論的には金融関連の規制へのコンプライアンスを基準化することも可能になると、技術的なイノベーションに対応して規制当局も進化していく必要性があると言付けた。

一方、既に中国のアリペイやWeChatペイではこのような埋め込み型の監視は導入されており、このような自動的な監視は公的機関にデータを提供する手間やコストも省ける利点もあると指摘している。

そして、ステーブルコインに監督を導入すれば、コンプライアンスコストを削減し、民間アクターの競争を平準化して、ペイメントの法的なファイナリティを確保できるといえる。

さらに、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が、世界各国で実験や検証が進められているために、BISの論文も最終的に同様の仕組みを法定通貨にも組み込む可能性にも言及している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com