undefinedECBがデジタル・ユーロの商標登録を申請

欧州中央銀行(ECB)が「デジタル・ユーロ」というサービスの商標登録の申請を行われたことが明らかにした。

米有力紙ブルームバーグの報道によると、欧州中央銀行の弁護士(ドイツ・Bock Legal法律事務所の弁護士)は9月22日、欧州連合知的財産庁に「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請したことが明らかにした。

登録はまだ完了していないものの、申請情報によると、案件の分野としては①コンピューターのハードウェア、ソフトウェア等、②金融、貨幣、銀行サービス、③プログラミングサービス、④電子商取引の分野におけるユーザー認証サービスなどの4方面が登録されており、主に以下のような項目が記載されている。

コンピューターのハードウェア、ソフトウェア等については、でグローバルに電子的手段で商取引を実行したり、トークンの売買、管理、決済、ダウンロード、記録、管理を可能にするシステムを構築する。

金融、貨幣、銀行サービスについては、クレジットカードおよびデビットカードサービスを提供しており、トークンの発行と償還する。また、外国為替取引業務、暗号化プロトコルを組み込んだデジタル通貨またはデジタルトークンが、分散型プラットフォーム上で、商品やサービスの決済手段として、また様々な機能やブロックチェーンを構築・操作するために使用されるもの。

プログラミングサービスについては、電子商取引用のソフトウェアに関連するプログラミングサービス。ブロックチェーンにおけるソフトウェア設計、開発、実装。コンサルタントが提供するアドバイスとサービスの提供。

電子商取引の分野におけるユーザー認証サービスについては、通信回線上の電子商取引の分野におけるユーザー認証サービスを提供する。

欧州中央銀行はデジタル・ユーロの発行を決定していないが、暗号資産(仮想通貨)に代わるものとしてもデジタル・ユーロの研究を続けているとしている。なお、EU加盟国と各国の中央銀行はデジタル・ユーロの実現に向けて準備を進めている。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに