undefinedブラジル暗号資産経済協会が自主規制基準を設定

ブラジル暗号資産経済協会がブラジルデジタル資産部門における自主規制基準を設定しており、イニシアチブを開始したことが分かった。海外メディアの報道で明らかにした。

同協会は、「加盟団体の発展計画を妨げることのない」基準の設定が必要であると主張した。「暗号資産取引を促進する」手助けになりつつ、新興団体が暗号資産についての理解を深め、暗号資産詐欺や不正行為を防止するための役目を果たす基準を求めていた。

同協会によると、規制要件に従わなかった団体は、警告通達が出される或いは極端な場合は除名される可能性もある。

ブラジルの主要暗号資産(仮想通貨)取引所は、自主規制として新たな行動規範を確立し、遵守することに同意し、KYC(本人確認)とその他の法規に関する協議を導入すると宣言した。BitPreco、Foxbit、Mercado Bitcoin、NovaDax、Ripioなどの取引所が参加した。

一方、大手仮想通貨(暗号資産)取引所ビットメックスは8月14日にすべてのユーザーに対し、本人確認(KYC)を導入することが発表された。同取引所は信頼性の高い安全な取引環境が構築できる目的としている。


また、著名仮想通貨アナリストのDonAlt氏はこうした取り組みは合法的なものが増加し、怪しげな取引所が減少するということは成長の一部であると主張した。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに