9日に、ビットコイン(BTC)価格は、前日比-2.23%の107.3万円(10,100ドル)になった。

一時10400ドルまで値を戻したBTCだったが、昨日夜はダウやゴールドの急落と歩調を合わせるようにして投げ売られた。直近安値を更新して9800ドルまで続落するも、下値は拾われ急反発を見せた。引き続き、CME先物における9600〜9700ドルの窓も意識される。

市場で下落基調強まるなか、BTCネットワークのハッシュレートは、史上初めて150TH/sを超え、最高値を更新した。

ハッシュレートとは、ビットコインの採掘速度(マイニング時の秒間計算力)を示すもので、安価な電気代で採掘事業が盛んな中国・四川省を中心とするマイナーの採掘能力を示すほか、51%攻撃を防ぐためのネットワークの堅牢性にもつながる。新型コロナ感染拡大に伴う国際経済の不確実性は、伝統金融市場のヘッジとして、企業のマイニング事業を促しているとされる。

DeFiセクター急落に伴い大幅下落しているイーサリアム(ETH)の採掘速度は直近で再上昇。中・長期的な展望では、大口が上昇を見据えていることが示唆されるとの指摘もある。