undefined最近、エストニアの中央銀行であるエスティ・パンクは、テクノロジー企業であるSW7グループとガードタイム(Guardtime)とともに、デジタル通貨のインフラストラクチャ構築に向けた研究プログラムが開始したことを発表した。

今度の研究はガードタイムが提供する独自ブロックチェーンであるキーレス署名基盤が仮想通貨プログラムでも実装ができるかどうかをテストすることを目指しているという。

プロジェクトは2年間をかかって、いくつかのフェーズで構成されている。まずは、デジタルファンドの要件を満たすスケーラブルで実用的、かつ安全なプラットフォームをどのように構築するかを検討する。同時に、プラットフォームには、スピードやセキュリティ、プライバシー、レジリエンスなどの要件を満たす必要があるとしている。

今度の研究について、エスティ・パンクの決済システム部門で責任者を務めるライナー・オルト氏は「小さな中央銀行であるエスティ・パンクは、ユーロ圏の中央銀行の開発プロジェクトの中から、私たちが大きく貢献できるものを慎重に選択している。エストニアは長年にわたり、安全で、プライベートで、効率的な電子政府を維持するための独自のノウハウを開発してきた。エストニアのユニークで豊富な経験は、SW7とガードタイムとともに技術的な機会を探るためのプロジェクトを立ち上げる良いきっかけとなった。ガードタイムは、ブロックチェーンの分野における長期的な協力パートナーであり、この分野では世界のトップ企業だ」とコメントした。

実は、エストニアはブロックチェーン技術に力を入れている国として知られており、すでに電子政府サービスにKSIブロックチェーン技術を利用している。しかし最近では、電子居住権(e-Residency)を保有する居住者が所有する企業について、大規模な出口詐欺との関連性がある。今度の研究を通じて、今後は悪質なスキームの信頼性を高めるのも期待している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com