undefined現在、各国の中央銀行がデジタル通貨(CBDC)の発行については注目されている。多くの国は発行の決定を下してないが、研究していることが発表された。

10月20日にドイツ中央銀行の理事会のメンバーBurkhard Balz氏はオンラインで行われた中国と欧州の金融サミットでCBDCについてスピーチの中で、完全に技術的な決定ではなく、「政治的決定」としてヨーロッパ中心のデジタル通貨を導入する可能性について説明した。

今月初め、欧州中央銀行はデジタルユーロイニシアチブに関するレポートを発表した。これは、先に進むという決定が下された場合、利害関係者が迅速に行動する準備をする必要があることを強調した。

Balz氏はスピーチの中でこの点に同意し、スピーチの参加者に「技術が急速な成長とともに、常にユーロへの信頼を維持するために、必要な際に迅速かつ確実に行動できるはずだ」と語った。

しかし、Balz氏は、このプロジェクトの特定の状況、金融の安定性、銀行システムの健全性、消費者が商品に支払い、価値を保持するの方から考慮すれば、デジタルユーロの発行は政治的影響を与える可能性があると考えている。

「CBDCの導入は、技術的な決定ではなく、政治的な決定だ。したがって、「生物多様性条約」およびその他の代替案の包括的な概念分析と評価を実施する必要がある。特に、タスクを完了する同時に、社会全体への影響を考慮する必要がある。」

また、今回のスピーチでは、暗号資産(仮想通貨)ステーブルコインにも言及した。グローバルに普及する可能性を持つステーブルコインのような新しい決済手段は、適切に規制・監督される場合のみ提供されるべきだと考えているとした上で、このことについては、世界中の中央銀行が関心を持っているとした。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに