undefined英国財務省は11月9日に、「ステーブルコイン(私的に発行された暗号資産)などのテクノロジーは、人々がお金を保管および交換する方法を変えていることで、支払をより速やか且つ安価となる可能だ」と述べた。

Tether、CircleおよびCoinbaseがサポートしているUSDC、Geminiドルなどのプライベートステーブルコインはトリッキーなビジネスだ。Tetherはかつて、米ドルへの1対1のペグしている暗号資産であり、米ドルの準備金によって100%裏付けられていると主張した。 ただし、いろいろな調査を行った後、Tether社は74%しか裏付けられていなかったと認めた。

これは、ニューヨーク州司法長官による進行中の調査で詳しく説明されており、Tetherの姉妹会社であるBitfinex(ビットフィネックス)が数億ドルの負債を返済するためにステーブルコインを使用したを主張している。

民間発行のステーブルコインがもたらす困難を認識している英国の財務省大臣Rishi Sunak首相はツイッターで、財務省は「民間発行の通貨とステーブルコインが他の支払方法と同じ高い基準を満たすことを保証するために、ステーブルコイン関連プログラムの規制方法を提案する」とツイートした。

Sunakは、これにより、ステーブルコインの潜在的なメリットを活用できる同時に消費者へのリスクと財務の安定性を管理することが可能だと指摘した。

財務省は、財務省とイングランド銀行が「中央銀行が現金の補足として独自のデジタル通貨を発行するか、またどのように発行するか」をまだ検討していると指摘した。

これは、民間のステーブルコインと競合したり、人々がキャッシュレス社会に移行するのに役立つ可能性がある。

先月、イギリスの中央銀行総裁Andrew Baileyはブルッキングス研究所で「ステーブルコインはいくつかの利益をもたらすかもしれない」と指摘した。

Bailey氏は、特にグローバルなステーブルコインを確立する場合、ステーブルコインは「決済速度を上げることや、支払いコストを削減することによって支払の摩擦をさらに減らす可能性がある」と述べた。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに