undefined昨日、仮想通貨(暗号資産)市場は強気の傾向を示した。ビットコイン(BTC)は重要ラインである9500ドルを突破して、イーサリアムも過去24時間で9%上昇し、266ドル付近を推移している。

undefined今朝方の上昇していたビットコインと直近高騰していたイーサリアムなどは市場に資金が流れ込んでいる可能性も示唆される。

資金参入

最近、EUで85億7000万ユーロの景気刺激策の開始して、米連邦準備制度理事会が1兆〜2兆ドルの景気刺激策への期待から投資家を後押しされたことが考えられる。実際に米国の刺激策が発動すれば、ビットコインへのさらなる強気指標になるだろう。

著名テクニカルアナリストのピーター・ブラント氏がFRBの刺激策が行われるたびに金(ゴールド)やビットコインに流入すると言及している。

一方、仮想通貨有識者として知られるDEG氏も市場に資金が流れ込んでいるために、価格が上昇すると考える。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com

他の指標

以上マクロ要素の他、強気の指標も出てきている。

ビタズキャピタルのパートナーで仮想通貨アナリストのMohit・Sorout氏はビットコインの最近の傾向とマイナーの収益指標から強気であると話した。

同氏によれば、50日移動平均(MA)と100日MAのゴールデンクロス、50MAと200MAのゴールデンクロスから長期的な上昇トレンドが予想されるとしており、ハッシュリボンの買いシグナルが点灯したことで、今後短期的な揺り戻しはあるにしても上昇傾向は続くだろう。

一方、仮想通貨デリバティブ市場データ分析サイトskewによると、大手仮想通貨デリバティブ取引所DeribitとOKExのイーサリアムオプション市場における未決済建玉(OI)は、過去最高の1億9400万ドルに達した。これはイーサリアム(ETH)の材料として高い関心を集めるのが、次世代の大型アップデート「ETH2.0」に関する可能だ。

undefinedさらに、コロナショックの影響で、経済への痛みを緩和するため、刺激策を導入しているとにつれて、一時間で、市場の強気傾向も続けていろう。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com