undefinedMyEtherウォレット創設者の見解

12月1日、イーサリアム2.0のフェーズ0のビーコンチェーンがリーリスされ、プロジェクトがPoSマイニングアルゴリズムに移行したことを示した。イーサリアム2.0のフェーズ0に入って、業界ではイーサリアム2.0への関心も高まっている。

最近、MyEtherウォレットの創設者兼CEOであるKosalaHemachandra氏は、イーサリアム2.0に対して次に乗り換えるべきのターゲットについて言及した。

同氏は「基本的に、ビーコンチェーンがリリースされた後、イーサリアムはフェーズ0仕様に焦点を合わせている。ステージ0や多数のバグ修正と同様に、何度も行われる必要がある。問題点が多いため、次の次に乗り換えるべきのターゲットを確定することが困難だ」と述べた。

イーサリアムネットワークを拡張するために、イーサリアム2.0は長年に作業する必要がある。Hemachandra氏は、イーサリアム2.0のフェーズ1は2021年末に完了する可能性があると主張している。

同氏は、「過去に見たところ、フェーズ1は約1年、フェーズ1.5はさらに6ヶ月かかる必要があると思っている。フェーズ2は、少なくとも1年半かかる可能性がある」と述べた。

この予想はイーサリアム財団が公開していたロードマップとかなり大きな相違がある。発表によると、フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)、フェーズ1.5:2021年(シャードチェーン・メインネット稼働、PoS移行)、フェーズ2:2021年〜(シャードチェーンの全稼働)となっている。

また、Hemachandra氏はイーサリアム2.0を開発する途中で、イーサリアムの価格が何の役割も果たしないと指摘した。

「イーサリアムの価格はさまざまな浮き沈み段階を繰り返したが、イーサリアムの発展は既に安定している。この状態も維持し続けるだろう。そのため、イーサリアムの価格はイーサリアム2.0の開発に何の役割も果たしない。」

イーサリアム2.0がPoSへの移行に対応するために、大手仮想通貨(暗号資産)取引所BinanceとCoinbaseも、イーサリアム2.0のステーキングを開始する計画を発表した

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに