undefinedクレジットカード大手ジェーシービー(JCB)は19日、ブロックチェーン企業のKeychainと、ブロックチェーンを使いIoT(モノのインターネット)向けの決済システムを開発することが分かった。

Keychainが提供する「Keychain Core」は、どのブロックチェーン基盤上でも利用できるアプリケーション開発フレームワークであり、企業が既存のインフラやアプリケーションと簡単に統合ができ、IoT(モノのインターネット)、スマートフォン、PC、スマートウォッチなどのデバイスを問わず対応することができる。

スマホに固有のIDを付与し、ブロックチェーン上に取引履歴を記録することで改ざんを防ぐという。将来的にはドローンが特定の場所で集荷したり配送したりした場合に自動で決済する仕組みを想定するとしている。

JCB はKeychainと2019年12月に決済領域におけるブロックチェーンの活用について検討していることで、サイバーセキュリティの強化、次世代の決済領域におけるオペレーション整合性の向上など、新たな決済ソリューションサービスの提供を目指している。

日経新聞は、この2社が共同でIoT向けの決済システムを開発することについては、「通信会社や家電メーカーなどと組み、モノやサービスの取引から決済まで自動で処理できる仕組みを整備する」と報じられている。

将来的には、技術的な検証と特定のユースケースの検査を経て、2021年末までにプロトタイプモデルによる本番検証を実施し、2022年以降に実用化することが目標とされている。

一方、世界では、B2B決済ソリューションサービスの検討については、JCBとKeychainのほか、米ブロックチェーンスタートアップのペイスタンドも2019年12月に決済ソリューションサービスの検討を開始することが発表された。