雨不足による電力不足で全面的に禁止されているにもかかわらず、イランの産業鉱山貿易省は、国内の多くの暗号資産マイニング施設を例外扱いにした。

現地紙のFinancial Tribuneは23日、同省は30の暗号資産マイニング施設にライセンスを発行し、営業を許可したと伝えた。

ロウハニ大統領は5月、猛暑の影響で送電網に負荷がかかっているため、9月22日まで暗号資産マイニングを禁止すると発表した。また同月には、イランの中央銀行は、国外でマイニングされた一部の暗号資産の取引を禁止し、国外への資金流入を阻止しようとした。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:イランの首都テヘラン(Shutterstock)
|原文:Iran’s Ministry of Industry Issues 30 Licenses to Crypto Mining Farms

Related Posts

イーサ・オプション取引で300万ドルの損失かイーサ・オプション取引で300万ドルの損失か22万台以上が感染、モネロの不正マイニングマルウェア22万台以上が感染、モネロの不正マイニングマルウェア中国のビットコイン規制、悲観する必要はない3つの理由中国のビットコイン規制、悲観する必要はない3つの理由ビットコインへの資金流入、回復傾向か:データビットコインへの資金流入、回復傾向か:データ「悔いはない」──ソフトウエアの大物から暗号資産の問題児へ、ジョン・マカフィーの軌跡「悔いはない」──ソフトウエアの大物から暗号資産の問題児へ、ジョン・マカフィーの軌跡