NFTマーケットプレイスOpenSeaがシリーズBラウンドで1億ドルの資金調達を完了したことを発表しました。

今回のシリーズBラウンドでは、a16zが主導し様々な投資家が参加して1億ドルの資金調達に達したようです。OpenSeaはNFTのブームから、OpenSeaの月間売り上げは2021年6月に過去最高を記録しました。この辺りが高く評価されたと考えられます。

OpenSeaの今後の目標は、NFTのための最良のマーケットプレイスを構築することであり、あらゆる種類のデジタルアイテムを自由に交換可能にするシステムを構築していくと言っています。インターネットの情報伝達からブロックチェーンの価値伝達という文化に変えていくのを目標にしているようです。

さらにクロスブロックチェーンのサポートを正式に発表をして、PolygonブロックチェーンのNFT発行や売買に対応を開始しました。

最近まで、EthereumネットワークのNFT発行のみに対応していましたが、PolygonブロックチェーンでもNFTの発行ができるようになりました。

今回の発表の少し前からですが、マーケットの売買でもPolygonに対応しています。Polygon以外にも他のブロックチェーンに対応していく可能性がありますので、ガス代やトランザクションが通らないなどの不便さを感じることが減っていくと思われます。

How do I purchase NFTs on Polygon?

Polygonネットワークの使い方はこちらの記事でまとめてありますので、参考にしてください。

OpenSeaはNFT業界でずっと第一線を走っているマーケットプレイスなので、まだ使ったことのない方は、ぜひサイトを覗いてみてください。種類豊富なNFTが並んでいるので、知らないNFTもたくさん存在すると思います。

ただ、NFTの購入はしっかりと計画を立てて買いすぎには注意してください。買い手がいなければ、売却できないものとなっております。

記事ソース:OpneSea Blog 

The post NFTマーケットプレイスOpenSeaが1億ドルの資金調達を発表 appeared first on CRYPTO TIMES