undefined

先日のマスコミ報道によると、9月下旬に立ち上げられた利回りを生み出すステーブルコインOrigin Dollar(OUSD)は、ハッカーから攻撃を受け、700万ドルの被害に遭ったと分かった。

11月17日、Oringin Protocolの創設者であるMatthew Liu 氏がインタビューの中に、「今回のハッキング被害は、700万ドル相当の資金が不正流出したが、そのうちに100万ドルぐらいはOriginの創業者や従業員自体が預けていた資金だ」と話した。

しかし、Liu 氏は、今回のハッキング攻撃が内部関係者による犯行ではないことを強調した。

資金の不正流出がどのように実行されたか、またハッカーがどのようにユーザーの預金にアクセスできたか現段階ではまだ明らかになっていないが、今回の攻撃の原因についてOringin Protocolのチームは全力で究明している。

OUSDへの預金は、今回のハッキング攻撃の影響で無効となるため、トレーダーに対してトークンを購入しないように Liu 氏がアドバイスされている。

暗号ベンチャー企業のHex Capitalの Nick Chong氏は、ビットコインのトークン化プロトコルであるRenBTCを通して、ハッカーは盗んだ資金をマネーロンダリグに用いられることがよくあると話した。

今回のハッキング被害を受け、現段階でOUSDはUniswapで0.10ドル以下の価格しか取引されていない。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com