undefinedロシアの仮想通貨ニュースメディアForklogの報道によると、ロシア連邦通信局Roskomnadzorが最大手仮想通貨取引所バイナンスをブラックリストに入ったことが明らかにした。

今年7月に、ロシアは今年初の仮想通貨法案であるデジタル金融資産関連法(On Digital Financial Assets:DFA)が最終審議を終え、承認された。この法案によれば、サービスや商品の支払いに仮想通貨を使用すること自体は禁止されるものの、ロシアで仮想通貨取引は合法となった。

現在、バイナンスはいくつかのウェブサイトが国内からアクセス制限されているという。これに対して、バイナンスはロシアのユーザーにサービスを提供し続け、顧客の資金は安全であると説明した。

また、バイナンスのディレクターGleb Kostarevはバイナンスはロシア市場での評判を重視しており、この決定には法廷で異議を申し立てる。 問題があれば、代替の技術ソリューションを使用する可能性も検討している。私たちはすべてのステップについてロシアのコミュニティーに通知する用意があると言い付けた。

現時点に、Roskomnadzorはまだ原因や措置などを明らかにしないで、ユーザーも正常的に取り扱うことが可能だ。最新情報があれば、本サイトも快速に報道する。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com