undefined第3四半期のスポット取引量が過去最高

大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンス(Binance)は、2020年の第3四半期にスポット市場での取引量が過去最高に達成したことが分かった。海外The Blockが報じた。

報道によると、バイナンスの第3四半期のスポット取引量は3,066憶ドルに達成しており、前四半期の1,463億米ドルと比較すると、第3四半期のスポット取引量は110%近くに増加した。この成長は、より多くの個人投資家がバイナンスに群がって暗号資産を取引していたことが示している。

バイナンスの先物取引プラットフォームも成長を続けている。データによると、第3四半期には、同取引所の先物取引量が4,830億米ドルを超え、約43.5%に増加した。

undefinedまた、バイナンスの独自なトークンBNBの廃棄について、第3四半期に6,800万米ドル相当のBNBトークンが廃棄しており、前四半期より12.4%に増加した。バイナンスでは、仮想通貨から仮想通貨への取引量に基づいてBNBを焼くことで、廃棄したBNBが多ければ、取引量も多いだ。

過去、バイナンスの収益は主にトランザクションから貰うことで、スポット取引量と手数料に対して非常に依存していた。最近は中国でのデリバティブ取引、貸付、ピアツーピア取引などの他のコア製品からも収益を上げているようだ。

一方、バイナンスも今年夏に過熱した分散型金融DeFiに積極的に関与している。9月にバイナンスの独自なスマートチェーンのメインネットが正式に稼働することが発表された。既に一部の主要DeFiプロジェクトがバイナンススマートチェーンで開発を推進している。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに