undefined10月19日に、中国の深セン市は中国デジタル人民元の当選者がデジタル人民元を受け取り、そのうち95%がCBDCを使用していることを発表した。

前回、中国人民銀行と協力して合計1000万元分のデジタル人民元を配布すると発表したことも報道された。報道によると、実証実験において総発行枚数1,000万元を抽選で5万人に配布され、1人あたり200元(約3,200円)であるという。深セン市の住民向けに9日からオンラインの申し込みを開始していて、個人のスマートフォンを通じ、専用アプリをダウンロードして使用することが可能だ。

関連:デジタル人民元:中国広東省深セン市がCBDC配布実証実験を開始

今度の発表によると、5万人の当選者のうちデジタル人民元を受け取った人は4万7573人に達したという。また、今度当選者は、合計で62,788回の取引を行い880万元(約1億4000万円)を使った。この金額は深センのパイロットで配布予定の合計1000万元の約88%を占めていることが明らかにした。

一方、当選者は10月18日までにデジタル人民元パケットを使用しない場合、主催者は未使用のデジタル人民元パケットへ返還すると注意喚起している。

実は、中国はすでにキャッシュレス・モバイル決済が普及しているが、現時点でアリペイ(支付宝)やテンセント・ホールディングス(騰訊)のウィーチャットペイ(微信支付)のも活発している。デジタル人民元の登場は経済により広範な影響をもたらすことになるかのも注目している。

さらにトップなニュースはwww.jp.icointime.com