undefined調査結果

米国は、機関に向けの仮想通貨(暗号資産)取引サービスを提供する企業が本社を置くに最も選択したい国ようだ。

海外メディアThe Blockリーサチ部門が実施された機関に向けの仮想通貨取引サービスを提供する企業に関する調査では、約61%の企業が米国に本社を置いていることを発見された。

また、他の人気のある地域には、香港、シンガポール、スイスがあり、これら地域も仮想通貨関連する企業の集まる場所である。

undefined

なお、The Blockリーサチ部門のJohnDantoniによると、「機関投資家向け取引サービスを提供する企業の約75%は2017年以降に設立された」という。

undefined米リップル社が米国から他の国へ移転を検討中

米国は仮想通貨に対す規制は中国のような厳しい規制を実施していないことで、仮想通貨関連企業が米国で本社を置く理由の一つになるだろう。最近、米国司法省も仮想通貨執行フレームワークをリリースした。

ただし、米大手決済企業リップル社のCEOは米国で明確な規制が欠けているため、リップルが他の国への移転を検討する可能性があると報告された。

同氏によれば、「統一された国内規制の枠組みが欠けているため、アメリカの企業とイノベーションは明らかに不利になっている。我々が必要なのは公平な競争の環境だけであり、この目標を達成するため、別の国へ移転する必要があれば、そうするしかないだ。」

最近の報道によると、規制が明確なロンドンも有力な候補地だ英国のロンドがリップル社CEOは語った。

さらにトップなニュースはjp.icointime.comに