金融庁は17日、新たに2社が暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録したと発表した。

発表によると、登録したのはデジタルアセットマーケッツ(本社・東京千代田区)で、ビットコイン(BTC)を主に取り扱う。

もう一社はマーキュリー(本社・東京世田谷区)で、扱う暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)。

マーキュリーの親会社であるセレスは、インターネットメディアの企画・開発を事業基盤に置きながら、現金や電子マネーに交換可能なポイントサービス事業を運営している。

|編集:佐藤茂
|画像:Shutterstock
|編集部より:マーキュリー社の概要説明を追記し、記事を更新しました。

【あわせて読みたい】ビットコインとは
仮想通貨/ビットコイン投資 始め方
仮想通貨/ビットコイン取引所おすすめ比較
仮想通貨おすすめ人気ランキング
仮想通貨/ビットコインの今後と将来性

Related Posts

世界3位の仮想通貨リップル(XRP)は「著しく不振」:ギャラクシー・デジタルCEO世界3位の仮想通貨リップル(XRP)は「著しく不振」:ギャラクシー・デジタルCEOビットバンクやフォビが新規暗号資産の取り扱い開始、GMOコインの8月取引ランキングほか──9/7〜9/13の暗号資産・ブロックチェーンニュースビットバンクやフォビが新規暗号資産の取り扱い開始、GMOコインの8月取引ランキングほか──9/7〜9/1…フォビ、同社初の機関投資家向けプラットフォームを発表フォビ、同社初の機関投資家向けプラットフォームを発表ビットコインキャッシュがハードフォーク、BCH ABCは消滅かビットコインキャッシュがハードフォーク、BCH ABCは消滅かビットコインで買い物可能に ペイパルが参入、マイクリがガバナンストークン発行へ──10/18〜10/22の暗号資産・ブロックチェーンニュースビットコインで買い物可能に…