キャッシュレス決済

暂无详细介绍

·

三菱UFJの高速少額決済、8月に飲料自販機でスタート──米アカマイとのJV事業

三菱UFJフィナンシャルグループと米アカマイ・テクノロジーズは、共同開発の高速オンライン決済ネットワークを活用した少額決済サービスを8月から本格的に始める。国内 ...
三菱UFJの高速少額決済、8月に飲料自販機でスタート──米アカマイとのJV事業
·

ペイパル、約2900万の加盟店で暗号資産決済を可能に

米決済大手ペイパル(PayPal)は30日、約2900万の加盟小売店で暗号資産(仮想通貨)による決済サービスを始めると発表した。 ユーザーは店舗で決済する際、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をクレジットカードやデビットカードと同じように利用することができる。支払いは米ドルや他の法定通貨にシームレスに両替され、小売業者が実際に暗
ペイパル、約2900万の加盟店で暗号資産決済を可能に
·

ジャパンネット銀はPayPay銀行と改名──ZHDが金融6サービスをPayPayに統一

検索・eコマース大手のヤフー、キャッシュレス決済のPayPayをグループに持つZホールディングスは7月31日、2020年秋以降、ZHDの傘下または出資する金融事業会社6社の社名やサービス名を「PayPay」ブランドに変更・統一することを明らかにした。
ジャパンネット銀はPayPay銀行と改名──ZHDが金融6サービスをPayPayに統一
·

キャッシュレス決済・QRコード統一規格「JPQR」は普及するのか

キャッシュレス決済の利用が増える中で、特に競争が激しくなっているQRコード決済。複数の企業のコード決済を利用できる統一規格「JPQR」は、これまで地域限定で導入されていたが、2020年7月から全国展開が始まった
キャッシュレス決済・QRコード統一規格「JPQR」は普及するのか
·

キャッシュレス推進検討会が議論の報告より、野村総研が提言「キャッシュレス比率引き上げには中小加盟店の負担減を」

2017年10月にキャッシュレス推進検討会を立ち上げ、その推進に向けた議論を続けてきた野村総研は7月1日、議論の取りまとめとして「2030 年の決済インフラのあるべき姿 ~『キャッシュレス比率80%』時代のエコシステム~」と題した報告書を発表した。
キャッシュレス推進検討会が議論の報告より、野村総研が提言「キャッシュレス比率引き上げには中小加盟店の負担減を」
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android