デジタル決済

暂无详细介绍

·

ドバイ、ビットコイン決済を自由貿易エリアで:報道

中東ドバイで自由貿易エリアに指定されているラシード港の「KIKLABB」で、暗号資産(仮想通貨)による決済が可能になる。ガルフニュース(Gulf News)が16日に報じた。 同報道によると、ドバイの貿易ライセンスやビザなどの支払いに同自由貿易エリア内に限り、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)、米ドルに連動するステーブルコインのテザー(USDT)を利用することができる。 KIKLABB
ドバイ、ビットコイン決済を自由貿易エリアで:報道
·

マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半

マスターカード(Mastercard)は2021年後半、加盟店が客の暗号資産での決済を行える機能を提供する。米CoinDeskが報じた。 事情に詳しい関係者によると、機能は顧客が暗号資産で行った支払いに限られるという。対象となる暗号資産や、実施される国などはまだ明らかになっていない。 この取り組みは、デジタル通貨による決済を「自社ネットワークに直接統合する」としたマイケル・ミーバック(Michae
マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半
·

ペイパルCEOより、暗号資産はチャンスを把握しなければならない

米決済大手ペイパル(Paypal)のダン・シュルマン(Dan Schulman)CEOは12月2日、約10万人が参加したオンラインイベントに登壇し、暗号資産(仮想通貨)は「今こそチャンス」と述べた。
ペイパルCEOより、暗号資産はチャンスを把握しなければならない
·

リップル:コロナの影響で、デジタル決済を推進

新型コロナウイルスの世界的パンデミックにより、あらゆる産業の企業と労働者はこれまでで最も困難で突然とも言える不確実性の波に適応することを強いられている。
リップル:コロナの影響で、デジタル決済を推進
·

ACCESSが仮想通貨行動規範を発表、デジタル決済の規制ガイダンス提供

シンガポールの大規模業界団体「ACCESS」が仮想通貨関連企業のための行動規範を発表した。デジタル決済についての規制ガイダンスを提供するものとなる。
ACCESSが仮想通貨行動規範を発表、デジタル決済の規制ガイダンス提供
·

デジタル通貨決済インフラで勉強会開催へ──Suicaとの連携も模索か

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が、デジタル通貨でのデジタル決済インフラの実現を目指すための勉強会を開催する。
デジタル通貨決済インフラで勉強会開催へ──Suicaとの連携も模索か
·

BISのレポートより、中央銀行デジタル通貨への肯定的評価が増加

国際決済銀行(BIS)は、年次経済報告書の公開に先立ち、6月24日にデジタル決済に関する章を先行して発表した。その中では、中央銀行がCBDCを未来の選択肢として検討する必要性を指摘している。
BISのレポートより、中央銀行デジタル通貨への肯定的評価が増加
·

調査企業より、未使用の人のイメージと乖離|仮想通貨の実際の利用事例

調査会社ビジュアル・オブジェクトが、米国でデジタル決済プラットフォームを使った経験のある983人を対象にした調査で、食品や衣料品の購入が仮想通貨決済の最も一般的な利用であることがわかった。
調査企業より、未使用の人のイメージと乖離|仮想通貨の実際の利用事例
·

クレカ最大手VISAより、仮想通貨がデジタル決済に革新もたらす

決済業者Visaは、これまでの仮想通貨事業の取り組みを記したブログを公開した。仮想通貨がデジタル決済に大きな変化をもたらす可能性があると語った。
クレカ最大手VISAより、仮想通貨がデジタル決済に革新もたらす
·

SYNQAは8000万ドルを調達して、アジアでデジタル決済事業拡大へ

22日に、オンライン決済プラットフォームOmiseペイメントなどを運営するSYNQAは資金を調達したことを発表した。
SYNQAは8000万ドルを調達して、アジアでデジタル決済事業拡大へ
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android