デジタル

暂无详细介绍

·

JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着

年間1兆円を超える資金をテクノロジー関連に投資する米銀最大手のJPモルガン・チェースは、およそ5年間で独自のブロックチェーンとその技術を使った情報プラットフォームを開発し、デジタル通貨を作りあげてきた。 同社は昨年、ブロックチェーンに関係するすべてのプロジェクトを運営する新ユニット「オニキス(Onyx)」を立ち上げた。情報プラットフォームは「Liink」、デジタル通貨は「JPMコイン」と名づけられ
JPモルガンのJPMコイン、世界の決済はこう変わる──グローバル統括・密着
·

モロッコ、デジタル通貨の検討開始──ビットコイン禁止から4年

地中海に面した北アフリカの国・モロッコが、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入に向けた検討を開始した。 モロッコ中央銀行は検討委員会を設立して、CBDC(Central Bank Digital Currency)の導入がもたらす影響についての調査を開始したと、モロッコ・ワールド・ニュースが報じた。モロッコ政府は4年前に、同国における暗号資産(仮想通貨)の使用を禁止している。 暗号資産市場で見ら
モロッコ、デジタル通貨の検討開始──ビットコイン禁止から4年
·

ドバイ、ビットコイン決済を自由貿易エリアで:報道

中東ドバイで自由貿易エリアに指定されているラシード港の「KIKLABB」で、暗号資産(仮想通貨)による決済が可能になる。ガルフニュース(Gulf News)が16日に報じた。 同報道によると、ドバイの貿易ライセンスやビザなどの支払いに同自由貿易エリア内に限り、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)、米ドルに連動するステーブルコインのテザー(USDT)を利用することができる。 KIKLABB
ドバイ、ビットコイン決済を自由貿易エリアで:報道
·

ドイツ銀行、暗号資産のカストディ事業を計画

ドイツ銀行が、企業を対象にした暗号資産(仮想通貨)の管理・保有事業を計画していることがわかった。 世界経済フォーラム(WEF)で公開された資料には、同行の「ドイツ銀行デジタル資産カストディ(Deutsche Bank Digital Asset Custody)」と呼ばれるプロトタイプの概要が記載されている。事業会社を対象にしたデジタル資産の管理・保有(カストディ)プラットフォームを開発し、暗号資
ドイツ銀行、暗号資産のカストディ事業を計画
·

マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半

マスターカード(Mastercard)は2021年後半、加盟店が客の暗号資産での決済を行える機能を提供する。米CoinDeskが報じた。 事情に詳しい関係者によると、機能は顧客が暗号資産で行った支払いに限られるという。対象となる暗号資産や、実施される国などはまだ明らかになっていない。 この取り組みは、デジタル通貨による決済を「自社ネットワークに直接統合する」としたマイケル・ミーバック(Michae
マスターカード、暗号資産決済を加盟店が導入可能に、21年後半
·

ペイパル、デジタルドル(CBDC)の流通機能を狙う

米決済大手のペイパルは、デジタルドル(中央銀行デジタル通貨)が発行された際の流通機能を担おうとしている。 同社最高経営責任者(CEO)のダン・シュルマン(Dan Schulman)氏は11日に開催した投資家向けイベントで、同社のデジタルウォレットは中央銀行がCBDCを流通させる際の手段となるというビジョンを語った。 「今後2、3年、あるいは5年で、どれだけのデジタルウォレットが登場することになるか
ペイパル、デジタルドル(CBDC)の流通機能を狙う
·

SBIと三井住友、2020年春に社債や不動産などデジタル証券を取り扱う取引所を開設へ

SBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループが共同でデジタル証券(セキュリティトークン)を扱う取引所(PTS)を立ち上げることが計画している。
SBIと三井住友、2020年春に社債や不動産などデジタル証券を取り扱う取引所を開設へ
·

暗号資産貸付プラットフォームBlockFiが急成長!収益は1億米ドルに近く

最近、暗号資産メディアThe Blockが発表したレポートによると、暗号資産貸付サービスを提供するBlockFiの2020年の収益は約1億ドル、粗利益率は約30%だったという。
暗号資産貸付プラットフォームBlockFiが急成長!収益は1億米ドルに近く
·

国際決済銀行、中銀のデジタル通貨は世界中で広い展開がまだ先がある

国際決済銀行(BIS)が27日、新たな中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に関するレポートを発表された。
国際決済銀行、中銀のデジタル通貨は世界中で広い展開がまだ先がある
·

暗号資産が将来に価値があるデジタルストアになる可能=シンガポール銀行のレポート

シンガポール銀行のチーフエコノミストであるMansoorMohi-uddinが提出したレポートによると、暗号資産は将来に価値があるデジタルストアになる可能性があるという見解を示している。
暗号資産が将来に価値があるデジタルストアになる可能=シンガポール銀行のレポート
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android