リップル

暂无详细介绍

·

価格チャートから、リップルは短期下降チャートを下抜け!今後の展開は?

リップル(XRP)は1月22日以降から形成されていた短期レンジ相場を徐々に収束させる値動きを見せ、本日1月29日に大陰線を形成し、短期レンジ相場を下抜けする展開となりました。短期的な揉み合いから下値を更新する形となったリップル(XRP)は今後どのような展開を見せるのでしょうか?
価格チャートから、リップルは短期下降チャートを下抜け!今後の展開は?
·

リップル社、SBIの子会社マネータップ株式会社への出資完了 出資比率33%で外部筆頭株主となる

SBIホールディングスは1月29日、子会社であるマネータップ株式会社の株主として、リップル社が出資手続きが完了したことが発表された。
リップル社、SBIの子会社マネータップ株式会社への出資完了 出資比率33%で外部筆頭株主となる
·

価格チャートから、リップルはレンジ相場を収束させ、近々大きな動きを見せるのか?

リップル(XRP)は1月8日近辺より揉み合いの値動きを継続しています。揉み合いの値動きは、本日1月28日までに値幅を収束させる展開を見せており、そろそろ次なる展開も起きやすい相場となっています。リップル(XRP)チャートを分析していきます。
価格チャートから、リップルはレンジ相場を収束させ、近々大きな動きを見せるのか?
·

主要な仮想通貨チャート分析:BTCの下落はどこまで?

ビットコインの3万ドル割れはアルトコインの大量売却を引き起こしている。
主要な仮想通貨チャート分析:BTCの下落はどこまで?
·

リップル社、米フロリダ州で暗号資産XRP投資の損失で新たな集団訴訟を直面

仮想通貨XRPに関する未登録有価証券販売疑惑をめぐり、フロリダ州でリップル社やBrad Garlinghouse CEOは新たな集団訴訟で提訴された。
リップル社、米フロリダ州で暗号資産XRP投資の損失で新たな集団訴訟を直面
·

米リップル社、SEC提訴後もビジネスの発展が止めない!15社のクライアントと契約を結んだ

米リップル社CEOであるBrad Garlinghouse氏はツイッターで、米国証券取引委員会(SEC)が提訴したが、同社の発展を止めていないと強調した。
米リップル社、SEC提訴後もビジネスの発展が止めない!15社のクライアントと契約を結んだ
·

【1/26】価格チャートから分析、リップル(XRP)の方向感の無い値動きはいつまで続くのか?

リップル(XRP)は1月8日よりレンジ相場を形成、一時は下値を切り上げる展開を見せたものの、本日1月26日までに再び直近安値を下回る展開となっており、方向感は判断しにくい相場となっています。リップル(XRP)は今後どのような展開を見せるのでしょうか?チャートを分析していきます。
【1/26】価格チャートから分析、リップル(XRP)の方向感の無い値動きはいつまで続くのか?
·

米フィンテック企業の創設者、SECがリップル社に対する訴訟に疑問を提出へ

米フィンテック企業TechCrunchの創設者であるMichaelArrington氏は、米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨XRPの証券問題をめぐる米リップル社に対する訴訟に疑問を呈し、Howeyのテストが時代遅れであると主張した。
米フィンテック企業の創設者、SECがリップル社に対する訴訟に疑問を提出へ
·

最新!BitstampはXRPの取り扱いサービスを停止発表、リップルは一時に30円を割った

最新では、26日に仮想通貨取引所Bitstampは米国居住者に対して、XRPの取引および入金サービスを1月8日より停止することを発表した。
最新!BitstampはXRPの取り扱いサービスを停止発表、リップルは一時に30円を割った
·

【1月23日】仮想通貨チャート分析反発後の値動きはどうなる?

ビットコイン価格は33000ドル付近まえ回復した。だが、アルトコインはさらに数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。
【1月23日】仮想通貨チャート分析反発後の値動きはどうなる?
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android