三菱UFJ

暂无详细介绍

·

三菱UFJ:ブロックチェーンに基づく世界最高速決済ネットワーク2021年に運用開始

先日のインタビューで、GO-NET Japanの最高経営責任者である徳永信二氏は、三菱UFJフィナンシャル・グループとアメリカのAkamai Technologiesが共同設立したGO-NET(Global open network)が、ブロックチェーン技術に基づく世界最高速の決済ネットワークであり、2021年GO-NETの運用を開始する予定だと話した。
三菱UFJ:ブロックチェーンに基づく世界最高速決済ネットワーク2021年に運用開始
·

三菱UFJと米アカマイ子会社|ブロックチェーンを活用した決済サービス提供予定

2日に、日経新聞の報道によると、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は米アカマイ・テクノロジーズと設立した子会社と連携して、ブロックチェーン基盤を使った高速・大容量の決済ネットワークサービスを2021年に始めることが分かった。
三菱UFJと米アカマイ子会社|ブロックチェーンを活用した決済サービス提供予定
·

三菱UFJフィナンシャル・グループがデジタル通貨をローンチ予定

金融大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のCEO(最高経営責任者)によれば、同銀行は満を持して独自のデジタル通貨を「現会計年度の下期」に発行する予定である。
三菱UFJフィナンシャル・グループがデジタル通貨をローンチ予定
·

日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど12社が新規入会

暗号資産取引所「Huobi Japan」を運営している「フォビジャパン株式会社」は2020年8月3日に、セキュリティトークン(デジタル証券)関連の自主規制団体である「一般社団法人日本STO協会」に賛助会員として入会したことを発表しました。日本STO協会は続々と会員数を増やしており、2020年8月1日には合計12社が新たに入会しています。
日本STO協会:三菱UFJ信託・フォビジャパン・FXcoinなど12社が新規入会
·

三菱UFJ銀、AIで3億ページ超の印鑑票をデジタル化

三菱UFJ銀行は、印鑑票などの紙書類の電子化・デジタル化することを目的に、アメリカのスタートアップRipcordが開発するロボット・AI 技術を基盤としたサービスを導入する。
三菱UFJ銀、AIで3億ページ超の印鑑票をデジタル化
·

三菱UFJ、ブロックチェーンを用いたデジタル通貨「コイン」を2020年度内に発行

三菱UFJフィナンシャルグループが開発したデジタル通貨「coin(コイン)」が2020年度下期に発行される予定だ。
三菱UFJ、ブロックチェーンを用いたデジタル通貨「コイン」を2020年度内に発行
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android