仮想通貨情報

暂无详细介绍

·

6月1日から6日にかけてブロックチェーン・仮想通貨に関する注目ニュースをまとめ

今週、仮想通貨とブロックチェーン業界で特に半減期後、ビットコイン価格が初めに1万ドルに突破についてことが注目されており、6月1から6日にかけてブロックチェーン・仮想通貨に関する注目ニュースをまとめて掲載している。
6月1日から6日にかけてブロックチェーン・仮想通貨に関する注目ニュースをまとめ
·

リップル社、新たに商標申請『PayString』

リップル社が「PayString」という新しい商標登録を申請した。「オープン決済連合」による共通送金規格の「PayID」に関連するか。
リップル社、新たに商標申請『PayString』
·

「銀行に仮想通貨業界参与を促す2つの政策」米通貨監督庁が実施報告

米国通貨監督庁(OCC)ブライアン・ブルックス最高執行責任者(COO)が米国上院で、OCCの活動や金融分野の現況について証言。その中で暗号資産(仮想通貨)政策を積極的に進めていることを説明した。
「銀行に仮想通貨業界参与を促す2つの政策」米通貨監督庁が実施報告
·

ブロックチェーンコンテンツ協会、「アンケートから見るNFT市場」に関するレポート公開

ブロックチェーンコンテンツ協会は、NFT(ノンファンジブル・トークン)の利用実態についてアンケート調査を行った結果をレポートとして公開。ユーザーの投資金額の実態などが明らかにされた。
ブロックチェーンコンテンツ協会、「アンケートから見るNFT市場」に関するレポート公開
·

「ルール形成のジレンマと仮想通貨市場への影響」bitFlyer創業者、元副大臣らが熱論

bitFlyer創業者、元内閣府副大臣らが、新興市場におけるルール形成について熱論。仮想通貨市場における規制の重要性について語られた。
「ルール形成のジレンマと仮想通貨市場への影響」bitFlyer創業者、元副大臣らが熱論
·

OIでBitMEXやバイナンスを抜く、CMEビットコイン先物

CMEはビットコイン先物のOI(未決済建玉)が22日の時点で約7億8600万ドルを突破し、取引所OKExの次に大きなOIを持つ取引所となった。
OIでBitMEXやバイナンスを抜く、CMEビットコイン先物
·

中国中央銀行、人民元にペッグするステーブルコインの発行を禁止

中国の中央銀行は新たな改正案でデジタル人民元を合法化し、人民元にペッグするステーブルコインの発行を禁止する。金融安定化の一環と見られる。
中国中央銀行、人民元にペッグするステーブルコインの発行を禁止
·

国際通貨基金(IMF)がレポート掲載「グローバルステーブルコイン」の普及について

国際通貨基金(IMF)がデジタル通貨に関するレポートを公開。デジタル技術の急速な発展によって、国内外で利用される新しいデジタル通貨が普及する可能性が高まっていると指摘している。
国際通貨基金(IMF)がレポート掲載「グローバルステーブルコイン」の普及について
·

イーサリアム長期ホルダー大幅増、1年以上の保有者は全供給量の60%超に

仮想通貨イーサリアム(ETH)の全供給量の60.15%が、1年以上動いていないことが分かった。ETH2.0のステーキング開始に向けて、長期保有する傾向が強まっていることを示唆している。
イーサリアム長期ホルダー大幅増、1年以上の保有者は全供給量の60%超に
·

分散型仮想通貨取引所Bancor「米国で受けた訴訟は不適当」

米国で訴訟されていた分散型取引所Bancor(バンコール)が、地理的な理由によりアメリカでの裁判は不適当だとしている。様々な国に拠点を置き国際的にサービスを提供する仮想通貨業界の裁判を巡る難しさの一つが表れた形だ。
分散型仮想通貨取引所Bancor「米国で受けた訴訟は不適当」
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android