取引所

暂无详细介绍

·

米CBOE、ビットコインETFを申請──BTC派生商品市場の整備進む

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、ビットコイン上場投資信託(ETF)の上場に向けて、正式に申請を行った。カナダ当局がすでにビットコインETFを解禁しており、北米市場では機関投資家向けのビットコイン派生金融商品の開発が急ピッチに進んでいる。 CBOEが上場を計画しているのは、米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)のビットコインETFで、申請書類は1日に証券取引委員会(SEC)に提出された
米CBOE、ビットコインETFを申請──BTC派生商品市場の整備進む
·

スイスが目指す「クリプト国家」の全貌──なぜブロックチェーンや暗号技術を活用する企業が集まるのか?【3/1-2開催 btokyo ONLINE 2021】

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo」が、「btokyo ONLINE 2021(ビートウキョウ・オンライン2021)」として、2021年3月1・2日の2日間で開催される。 同カンファレンスで行われるセッション「スイスが目指す『クリプト国家』の全貌──『金融』から『物流・セキュリティ』まで産業全体に広がるブロックチェーン活用」では、クリプト国家を目指すスイスの取り組みをそれぞれ
スイスが目指す「クリプト国家」の全貌──なぜブロックチェーンや暗号技術を活用する企業が集まるのか?【3/1-2開催 btokyo ONLINE 2021】
·

北米初のビットコインETF、わずか2日で資産440億円

北米で初の承認を受けたビットコインETF(上場投資信託)の資産運用残高が、上場後わずか2日間で4億2180万ドル(約445億円)を超えた。 パーパスインベストメント(Purpose Investment)が運営するビットコインETFは18日、カナダのトロント証券取引所に上場。証券コード(ティッカー)は「BTCC」。初日の取引は1億ドルを超えた。 ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、
北米初のビットコインETF、わずか2日で資産440億円
·

米コインベース、企業価値は8兆円超か──上場のカウントダウン始まる

株式上場の準備を進める米暗号資産取引所大手コインベースの企業価値が、770億ドル(約8.2兆円)と評価されていることがわかった。同社の未公開株が、米国の流通市場で取引され、その取引額を基にした評価額が明らかになった。 米コインデスクは17日(米東部時間)、コインベースの一部の株式が、米ナスダックのプライベートマーケットで一株あたり303ドルで取引されたと報じた。同取引に詳しい関係者の話として伝えた
米コインベース、企業価値は8兆円超か──上場のカウントダウン始まる
·

金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録

金融庁は17日、新たに2社が暗号資産(仮想通貨)交換業者として登録したと発表した。 発表によると、登録したのはデジタルアセットマーケッツ(本社・東京千代田区)で、ビットコイン(BTC)を主に取り扱う。 もう一社はマーキュリー(本社・東京世田谷区)で、扱う暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)。 マーキュリーの親
金融庁:2社が暗号資産交換業者に登録
·

コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で

暗号資産取引所を運営するコインチェックは17日、ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間で土地を購入したと発表した。土地は、ERC-721規格のトークン(ノンファンジブルトークン=NFT)として取得した。 コインチェックは今後、取得した土地(LAND)の一部を販売することで、日本における「The Sandbox」の利用拡大を進めて行く。取得額は明らかにしていない。同社は昨年9月、
コインチェックが“土地”を購入、場所はゲーム「The Sandbox」の仮想空間で
·

直接上場!仮想通貨取引所コインベースがSECに書類提出発表

29日に、米最大の仮想通貨取引所コインベースは公式サイトで、クラスA株の直接上場を行うと発表した。今回コインベースの上場が認められれば、仮想通貨取引所として初めての上場となる。
直接上場!仮想通貨取引所コインベースがSECに書類提出発表
·

歴史最高!仮想通貨取引所ビットフライヤーの預かり資産が2,892 億円を突破!

28日に、仮想通貨取引所ビットフライヤーは公式サイトで、12 月の預かり資産が2,892 億円を突破し、過去最大を記録したことを発表した。
歴史最高!仮想通貨取引所ビットフライヤーの預かり資産が2,892 億円を突破!
·

暗号資産取引所コインチェック:ENJの取り扱いを正式に開始!

26日に、暗号資産取引所コインチェック(Coincheck)は国内初となるエンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)の取り扱いを正式に開始したことを発表した。今度では、コインチェックがENJの取引サービスに加えて、Coincheck貸仮想通貨サービスとCoincheckつみたてのサービスでENJも取り扱うという。
暗号資産取引所コインチェック:ENJの取り扱いを正式に開始!
·

シンガポール取引所、金融商品取引と発行の簡素化で、テマセクインベストメンツと合弁会社を設立へ

シンガポール取引所(SGX)は、DLTを使用してプラットフォームに上場されている金融商品の発行と取引を簡素化するために、テマセクインベストメンツとの合弁会社の設立を発表したことが複数のメディア報道で分かった。
シンガポール取引所、金融商品取引と発行の簡素化で、テマセクインベストメンツと合弁会社を設立へ
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android