取引所

暂无详细介绍

·

韓国の暗号資産取引所、高リスクのコイン取引停止──規制強化に対応

韓国の暗号資産(仮想通貨)取引所は、同国での規制の変化に伴い、投資家にとってリスクが高いと思われる暗号資産の取引を停止している。 韓国のニュースメディア「アリラン(Arirang)」は16日、当局の認証を取得している20の取引所のうち、11の取引所が特定の暗号資産の取引を停止したり、警告を発していると伝えた。 アリランによると、暗号資産取引所のUpbitは、Paycoin、Maro、Observe
韓国の暗号資産取引所、高リスクのコイン取引停止──規制強化に対応
·

韓国、暗号資産取引所はハイリスク顧客──規制当局が銀行に指示

韓国の銀行は、同国の金融規制当局から暗号資産(仮想通貨)取引所をリスクの高い顧客として扱うよう指示を受けた。 韓国金融委員会(FSC)は、暗号資産取引所に対してより厳しい取引監視とID認証を求めると述べた。韓国の英字新聞「コリアタイムズ(Korea Times)」が13日に報じた。 銀行は、ID認証要件に準拠していない、あるいは、疑わしい取引をFSCのアンチマネーロンダリング部門である韓国金融情報
韓国、暗号資産取引所はハイリスク顧客──規制当局が銀行に指示
·

タイSEC、NFTやミームコインを規制──ユーザー保護を優先

タイの証券取引委員会(SEC)は11日、暗号資産分野で話題となっているタイプのトークンの取引を禁止すると発表した。具体的には、ミームトークン、ファントークン、ノンファンジブル・トークン(NFT)などで、SNS投稿で大きく値が動くような取引を抑制することが狙いだ。 暗号資産の取引を完全に禁止するわけではないが、タイSECは、一般の人たちのみならず、トレーダーも含めて、ユーザー保護の姿勢を優先したこと
タイSEC、NFTやミームコインを規制──ユーザー保護を優先
·

ビットコイン先物が「逆ザヤ」、機関投資家の需要急減か:JPモルガン

ビットコイン(BTC)先物市場は「バックワーデーション(backwardation)=逆ざや」の状態になっており、米銀大手のJPモルガンチェースは、大手機関投資家の暗号資産に対する需要の弱さをあらわしていると最新のレポートに記した。 バックワーデーション:商品先物取引などで、決済期限が最も近い期近物が期先物にくらべて高い状態のこと。限月間の価格差を利用した取引では、逆鞘(ぎゃくざや)のことである。
ビットコイン先物が「逆ザヤ」、機関投資家の需要急減か:JPモルガン
·

ビットコインが反発、イーサリアムのガス代は3カ月ぶりの低水準【市場動向】

●ビットコイン(BTC)は、8日21時(協定世界時:UTC/日本時間9日6時)時点、36,278ドルで取引され、過去24時間で10.2%上昇。 ●ビットコインの24時間レンジ:32,557~36,890ドル(CoinDesk 20)。 ●イーサリアム(ETH)は、2,561ドルで取引され、過去24時間で2.3%上昇。 ●イーサリアムの24時間レンジ:2,418ドル~2,613ドル。 ビットコインは
ビットコインが反発、イーサリアムのガス代は3カ月ぶりの低水準【市場動向】
·

バイナンス、5月は記録的な取引高に──4月から63%増

世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所、バイナンス(Binance)は5月、取引高の大幅な増加を記録し、業界内での存在感を高めている。 データサイトのCryptoCompareによると、バイナンスのスポット取引高は5月、約1兆5000億ドル(164兆円)となり、4月から63%増加した。一方、上位15社の暗号資産取引所では平均39%増加となった。一方、取引高でバイナンスに次ぐフォビ(Huobi)は、
バイナンス、5月は記録的な取引高に──4月から63%増
·

ニューヨークからマイアミへ、本社を移転させる暗号資産企業

暗号資産(仮想通貨)取引所とウォレットを手がける欧州企業のBlockchain.comが、アメリカ本社をニューヨークからマイアミに移転させる。マイアミ・ヘラルドがフランシス・スアレス(Francis Suarez)マイアミ市長の発言を引用して報じた。 ルクセンブルクに本社を置くBlockchain.comは、新しいアメリカ本社で今後18カ月間に300人の雇用を創出する予定だと伝えられた。ニューヨー
ニューヨークからマイアミへ、本社を移転させる暗号資産企業
·

イーサリアム、取引高でビットコインを抜く──BTCは売られ過ぎか【市場動向】

投資家がビットコイン(BTC)の売りを強めているなか、イーサリアム(ETH)の1日あたりの取引高は一貫してビットコインを上回っている。 ●ビットコインは、1日21時(協定世界時:UTC/日本時間2日6時)時点、35,987ドル前後で取引され、過去24時間で2.5%下落。 ●ビットコインの24時間レンジ:3万5,754ドル~3万7,833ドル(CoinDesk 20のデータ)。 ●イーサリアムは、2
イーサリアム、取引高でビットコインを抜く──BTCは売られ過ぎか【市場動向】
·

ビットコイン、取引所への純流入量がマイナスに──市場に強気ムード再燃か

ブロックチェーンデータは、ビットコイン市場の弱気ムードが弱まっていることを示している。 暗号資産(仮想通貨)取引所へのビットコインの純流入量の7日平均は、4月22日以来初めてマイナスに転じた。グラスノード(Glassnode)のデータで明らかになった。 これは4週間ぶりに、より多くのビットコインが暗号資産取引所から移動していることを意味している。投資家は、価格上昇を期待して、保有を継続しようとする
ビットコイン、取引所への純流入量がマイナスに──市場に強気ムード再燃か
·

【市場動向】ビットコインは4万ドル付近まで回復、DeFiトークンは大幅上昇

週明けの24日、暗号資産(仮想通貨)は週末の下落から一転、大きく上昇した。 ●ビットコイン(BTC)は24日21時(協定世界時:UTC/日本時間25日6時)現在、39,801ドル前後で取引され、過去24時間で19%上昇。 ●ビットコインの24時間レンジ:3万3,141ドル~3万9,801ドル(CoinDesk 20のデータ)。 ●イーサリアム(ETH)は、2,668ドル前後で取引され、過去24時間
【市場動向】ビットコインは4万ドル付近まで回復、DeFiトークンは大幅上昇
WeChat Weibo Facebook Twitter LinkedIn Telegram Medium GitHub RSS 收藏 区块链検索 区块链移动 App Email Up Apple Android